T's Web vol.14Passion Fashion Imagination/Imagination fountain for the beautiful trip
T's Web vol.14
menu
名古屋の伝統を未来につなぐ、叡智と技術と文化の結晶。

名古屋の伝統を未来につなぐ、叡智と技術と文化の結晶。

彫刻欄間

The fruit of wisdom, skills and culture that
communicates the traditions of Nagoya to the future
For 1,000 Years to Come

10年に及ぶ復元計画、最終章。豪華絢爛、上洛殿公開。10年に及ぶ復元計画、最終章。
豪華絢爛、上洛殿公開。

名古屋城本丸御殿は、尾張藩主の住居かつ藩の政庁として慶長20年(1615年)、徳川家康の命によって建てられました。昭和5年には、天守閣とともに城郭建築として指定され、屈指の名城として知られていましたが、昭和20年の空襲により建物の大部分が焼失しました。復元が待ち望まれた本丸御殿は、平成21年から復元工事が始まり、平成30年6月8日に完成公開を迎えました。

まさに“豪華絢爛”。匠文化の原点を、本丸御殿で堪能する。まさに“豪華絢爛”。匠文化の原点を、本丸御殿で堪能する。

本丸御殿

名古屋城の本丸御殿は、総面積は約3,100㎡、部屋数は30を超える平屋建ての建物です。昭和20年(1945年)の空襲により焼失してしまいましたが、平成21年(2009年)から復元工事が開始され、今年6月に完成公開を迎えました。

本丸御殿の様相を一言で表すと、まさに”豪華絢爛“。狩野派が手がけた襖絵や天井板絵、美しく鮮やかな彫刻欄間は圧巻で、なかでも贅を極めた上洛殿は圧倒的な華やかさと存在感を誇ります。狩野探幽による襖絵「雪中梅竹鳥図」には優美さがあり、様々な場所に取り付けられた飾金具は、その精巧さに目を奪われることでしょう。また、5つの部屋からなる表書院には座敷飾りが施され、華麗な花鳥画や違棚、帳台構などを目にすることができます。

本丸御殿そのものや、きらびやかな障壁画の多くは、現代の大工や作家といった匠達が、400年前の技法を研究して復元させたもの。400年の時を越えた貴重な芸術品の数々を、ぜひ堪能してください。

名古屋城を訪れた後は、名古屋城から徒歩1分のところに位置する「金シャチ横丁」も訪れたいところ。「正門エリア/義直ゾーン」と「東門エリア/宗春ゾーン」に分けられた敷地内は和の情緒にあふれ、食事処や土産物屋などが軒を連ねています。

千年先へ、語り継ぐために。千年先へ、語り継ぐために。

名古屋城本丸御殿完成公開名古屋城本丸御殿完成公開

上洛殿
表書院
表書院

正式な謁見(対面儀礼)のみに用いられた、広大な建物。大きな入母屋造の殿舎で、上段之間・一之間・二之間・三之間・納戸之間の五部屋からなり、襖絵には花鳥や麝香猫が描かれています。

上洛殿
上洛殿

徳川家光の上洛に合わせ新築された、本丸御殿で最も豪華な建物。室内は狩野派による襖絵・天井板絵や絢爛豪華な彫刻欄間、飾金具で彩られ、贅の限りが尽くされています。

対面所
対面所
対面所

私的な対面や宴席の際に用いられた建物。上段之間、次之間、納戸一之間、納戸二之間の四部屋で構成されており、上段之間及び次の間の障壁画は「風俗図」と呼ばれています。

玄関 一之間
玄関 一之間

かつては、本丸御殿を訪れた人が一番最初に通されていた殿舎。なかは一之間、二之間の二部屋からなり、襖や壁には金地の障壁画「竹林豹虎図」が飾られています。

CELEBRATE The ORIGIN of The CULTURE of EXCELLENCE

  • ALL CONTENTS
  • CLUB LEBEN