T's Web vol.12
menu

ADDICTED TO MAKING MY OWN DAYS! ファッションのように心地よいリラックス感をまとうインテリア

ADDICTED TO MAKING MY OWN DAYS! ファッションのように心地よいリラックス感をまとうインテリア

好きなものに囲まれて暮らすこと、生活の中にうっとりするシーンがあることは、快適なだけでは得ることのできない深い充足を心に運んできます。近年は、生き方や働き方に対する意識にも変化が生まれ、オフタイムを過ごす住空間を大切にして、自分らしいインテリアを楽しむ人も増えています。

journal standard Furniture

journal standard Furniture プレス
岸川 匠さん

好きなものに囲まれて暮らすこと、生活の中にうっとりするシーンがあることは、快適なだけでは得ることのできない深い充足を心に運んできます。近年は、生き方や働き方に対する意識にも変化が生まれ、オフタイムを過ごす住空間を大切にして、自分らしいインテリアを楽しむ人も増えています。

しかし、ひと言でインテリアといっても、シンプル、モダン、ナチュラル、北欧、トラディショナルなどスタイルはさまざま。最近では、それらをベースに、よりパーソナルなものを意識してコーディネートしたミックススタイルが愛される傾向にもあるようです。コーディネートするためには、インテリアをより輝かせるための法則もきっとあるはず、と『T’s POOL』は考えます。そこで、今号では、ヴィンテージをデザインソースにオリジナル家具を展開する「journal standard Furniture」の吉祥寺店を訪ねました。

  • 店内写真
  • 店内写真
  • 店内写真
  • 店内写真

洋服のように家具を着替える。
テーマは、ラフ&クール

店内写真
店内写真

「単にオールド感を出すのではなく、長い時を生き抜いてそこに存在するようなものをつくる。それを可能にするのが、“ヴィンテージ”という要素です。すっと心に入り込み、それでいて存在感がある、ラフさとクールさが融合するデザインを追求しています」

そう語るのは、journal standard Furniture広報の岸川匠さん。その言葉の通り、家具や照明、オブジェや小物、雑貨類が並ぶ店内には、いかにもヴィンテージ、といった気負いはない。アメリカ東海岸のブルックリンスタイルを現代に解釈したオリジナルアイテムを主流に、欧米から買い付けたヴィンテージ商品が加わり、渾然一体となった独特の世界観を醸し出している。

「我々は、JOURNAL STANDARDというファッションブランドに端を発するインテリアショップということもあり、根底には“インテリアもファッションの一部”という思想が流れています。ラフ&クール、つまりカジュアルで洗練された洋服を着こなすように、家具と触れ合い、インテリアを羽織る。そのときに感じる心地よさの質が、スタンダードアイテムを生み出す際の指標にもなっています」

店内写真
店内写真

空間づくりの脇役として活躍してくれるのが、クッションやラグ、ブランケットなどのファブリックアイテムだ。お気に入りの家具が見つかったら、それをシンボルファニチャーに色や質感を整えていけば、おのずとまとまり感がでてくると同時に自分らしい味つけもできる。さらに、シーズンごとにデザインが入れ替わることから、“空間を着替える”という発想を実践する人も増えているという。

また、オープンラックを使って自分らしさとリラックス感を演出する「見せる収納」は、空間の最大の見せ場といってもいい。日常使うものは出しておく。好きなものは飾って楽しむ。この手法を用いるのには少なからずテクニックを要するため、journal standard Furnitureでは随時、講習会を開き、お客さまとセンスを共有することに努めている。

「インテリアを着こなす」。その行為は、季節を敏感に捉え、生活の中の一つひとつのアイテムを意識をもって選択し、育てていくこと。いささか大変だが、同時にとても楽しい作業でもあることを今回、journal standard Furnitureから教わったような気がする。

“空間を着替える”多彩な表情を楽しめるソファのカバーはjournal standard Furnitureの人気商品

aRODEZ CHAIR FAHERTY/ロデチェア ファリティ/¥62,000(+Tax)/Body ¥38,000(+Tax)|cover ¥24,000(+Tax)
bRODEZ CHAIR OS ARMY TENT/ロデチェア OS アーミーテント/¥62,000(+Tax)/Body ¥38,000(+Tax)|cover ¥24,000(+Tax)
cRODEZ CHAIR PILE/ロデチェア パイル/¥56,000(+Tax)/Body ¥38,000(+Tax)|cover ¥18,000(+Tax)
dRODEZ CHAIR 1P Damage DENIM/ロデチェア 1P ダメージデニム/¥60,000(+Tax)/Body ¥38,000(+Tax)|cover ¥22,000(+Tax)

SHOP INFORMATION

shop外観

ヴィンテージをデザインソースに、時流を加えたファッションのようなインテリアスタイルを提案する「journal standard Furniture」。吉祥寺店では、カフェを併設するほか、カジュアルで洗練されたホームウエアや食器なども多彩に揃え、ヴィンテージ・ミックスのライフスタイル全般を敏感にキャッチすることができる。カフェに立ち寄った足で店内を散策してみるのも楽しそうだ。

etc. JOURNAL STANDARD 吉祥寺店 〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-10-5 1F TEL/0422-23-6071 営業時間/11:00〜20:00 (不定休) http://js-furniture.jp/

  • ALL CONTENTS
  • CLUB LEBEN
  • EDITORIAL NOTE