Image Image
※掲載の空撮は2018年5月に撮影したものを合成、CG加工したもので、
実際とは異なる場合がございます。

LOCATION

徒歩3分以内に便利が揃う、
まさにプレミアム・ポジションと言える場所。

駅北口を中心に各種機能が集中する本厚木タウン。
徒歩4分(ミロード口利用で3分)のレーベン本厚木 THE MASTERS TOWERは、
そうした街のほとんどの利便性を徒歩3分以内で
手に入れられる拠点性が大きな魅力です。
本厚木駅も、大型商業施設も、商店街も、公園も、
そして新たに生まれ変わる「イトーヨーカドー」も、すべてが身近なロケーション。
過去から未来へ、発展する街の起点であり、
象徴と言えるポジションと言えるでしょう。

Image Image
  • Image
    Image photo

    2019年春、大型複合商業施設オープン

    イトーヨーカドーなどの店舗が入る大型複合商業施設がレーベン本厚木 THE MASTERS TOWERより3分(約240m)の場所に2019年春オープン予定。駅前商業施設に加え、ショッピング環境がさらに充実します。

  • Image
    Image photo

    本厚木駅南口地区市街地再開発事業

    本厚木駅南口地区において、交通結節点の機能強化を図るとともに複合的な都市機能の整備を促進し、魅力ある駅周辺の顔づくりを目指す。2020年の完成を目指し、駅前広場の拡充などを計画しています。

※1.小田急電鉄小田原線「本厚木」駅ミロード口(10:00〜21:00)利用。
※掲載の空撮は2018年5月に撮影したものを合成、CG加工したもので、実際とは異なる場合がございます。
※掲載の距離・分数は現地からの地図上の概算距離を示したものです。徒歩分数は1分を80mで算出し、端数は切り上げています。※掲載の環境写真は2018年8月に撮影したものです。

DESIGN

新章を迎えるこの街のシンボルとして。
優雅で美しい暮らしの舞台として。

市内の拠点である本厚木駅北口エリア。中でも「イトーヨーカドー跡地」という意義深い地であることから、駅前ランドマークとしての存在感を表現した外観デザイン。地上19階、全134邸という高さと規模感から、生まれ変わるこの街の「顔」としての役割を備えるとともに、最新で上質な住まいとしての魅力も追求しています。

Image

エキスパートたちによる美意識の結晶。
タカラレーベンブランドの美学を継ぐ
デザイナーズレジデンス。

  • DESIGNER 新時代を切り開く街のシンボルとして、
    どこにもないスタイルを追求。

    Image

    株式会社ウイ・アンド・エフヴィジョン 代表取締役 石倉 雅俊 マンションを中心とした建築デザインの分野で、『日本デザイン振興会 グッドデザイン賞』、『東京建築賞 奨励賞』など受賞多数。

    背後に大山丹沢山系が展開する雄大な景観を有するエリアでありながら、最先端の都市性も備えた街のランドマークとなる存在。デザインテーマを「Elegant Modern」として優雅なレジデンスの創造を目指しました。新たな風景を生み出す外観デザインは、都会的なオリジナリティを追求。素材の質感など重厚感のある表情を演出しながら、どこにもない本厚木の新しい顔として映えるデザインとしています。

  •  
  • INTERIOR COORDINATOR コンセプトは「Dramatic SERENITY」。
    優雅さの中に安らぎと温かみを。

    Image

    interior planning M-ness 代表取締役 遠坂 麻里子 武蔵野美術大学卒業制作にて優秀作品賞受賞。通産省インテリア産業協会主催ICコンテスト支部長賞受賞。マンションを中心に人気結婚式場のインテリアなど幅広く手がける。

    美しく恵み豊富な自然に包まれながら、都市としての躍動を感じられるこの街で、穏やかな空気感を保ち、心の豊かさを得られる新しいラグジュアリーを表現したいと思いました。たっぷりと光を取り込む空間にミディアムトーンのフローリングと建具のカラーリングで穏やかさと温かみを表現。機能性を重視しオーガナイズした美しい部屋で、変化し続ける家族のライフスタイルをさらに進化させる上質な暮らしを楽しんでいただければと思います。

  •  
  • ARCHITECT 街と住まいの関係の本質を追求し、愛され続ける邸宅としての品と質を備えました。

    Image

    (株)三輪設計 設計統括室長 中川 浩一郎 多摩美術大学建築科卒業。数多くのマンション設計に携わり、これまでに二度「グッドデザイン賞」を受賞。

    本厚木タウンの一つの象徴とも言える「イトーヨーカドー」跡地ということを受け、この街に流れるDNAを受け継ぐ住まいをイメージしました。それは、スタイリッシュでいながらオープンで、人に温かい雰囲気のある住まい。洗練された外観と多彩かつ上質な住空間の見事な調和、南東側の開放的な眺望も含めたこの邸宅の存在は、この街に愛され、新たな象徴になると信じています。

  • ※掲載のCGパースは計画図を基に描き起こしたもので、変更となる場合があります。

    ※掲載の室内写真は「ザ・レーベン大塚山手Hill Top Season(2015年5月分譲済)」モデルルームのものです。

PLAN

あらゆるライフスタイルに対応する
全22タイプをご用意。

  • A TYPE
  • E TYPE
  • H TYPE

TAKARA

Image
Image
Image
GOOD DESIGN

いつでもキレイで、
美味しい水を。

メーターボックス部分に浄活水装置を取り付け、家庭内で使うすべての水を美味しくて安全な水にするシステムです。カートリッジは500トン(2ℓのペットボトル25万本分)の浄水能力を持っていますので、日常生活で使用するすべての水を浄活水化できます。

Image
GOOD DESIGN

バスタイムがリラックス&ビューティータイムに

  • マイクロバブル浴[実用新案登録済]洗浄力バリア
    温浴癒し

    約1〜2分で浴槽全体が無数の泡で乳白色になります。

    Image

    [実用新案登録済 第3148050号]
    ビルトイン型(内蔵型)マイクロバブル&トルネードジェット&酸素入浴装置

    Image
  • エアレスジェット浴スポット
    ケア
    リラク
    ゼーション

    温浴疲労
    回復

    全身を心地よくソフトマッサージ。
    特殊ノズルによって、浴槽自体に空気を含まないスクリュー状の対流がおこり、全身をやわらかくつつみこみます。

    Image
  • 1ccあたり約12,000個の超微細な泡のパワー

    従来のマイクロバブルが、より高性能にバージョンアップ。水流研究の専門企業との共同開発により、リラックス効果をさらに高める「ゆらぎ浴」と、疲労回復やダイエット効果も期待できる「スポットケア」機能、「酸素浴」の機能が加わりました。

    汚れをきれいに落とす洗浄作用

    Image
  • ウルトラファインバブルの水が肌質・髪質を整えます

    左右手の甲に、クレンジング不要ファンデーションを塗り、ノーマルシャワーヘッドと、たからのnanoシャワーで洗い流して見ると、たからのnanoシャワーの方がきれいに落ちています。毛穴や肌の細かい所までウルトラファインバブルが入り込み、汚れに付着してキレイに落としています。

    Image Image
    all images

    水使用量が最大約30%カット

    Image
  • 高い節水効果

    節水力が高い“空気混合方式”を採用。また、特殊な構造により、従来の節水シャワーの様に水圧が弱まる事はなく「水の勢い」を変えずに節水する事が可能です。

    ※2017年(株)サイエンス調べ

    Image
  • 洗浄力UP

    超微細な気泡で、細かい汚れを隅々まで洗い流す事ができます。

    油性ペンの洗浄力の比較 ▶︎

    横浜国立大学 教育人間科学部 大矢 勝教授による洗浄力テスト及び節水テスト実験実証済※2009年10月実施

    Image

※1.有料でカートリッジ交換が必要です。※装置は水道法で定められた基準値内で浄活水されます。※2.酸素セラミックは別売りとなります。※3.効果効能には個人差があります。※4.水圧によっては節水率が変わる場合があります。

YOKOHAMA

ACCESS

都心主要駅へダイレクト、横浜へ30分以内。
小田急線複々線化により通勤・通学も快適&スピーディーに。

快速急行・急行停車駅の小田急小田原線「本厚木」駅からは、都心の各主要駅へ直結。
横浜へも30分以内でアクセスできるので、通勤や通学もスピーディー。
さらに、小田急線の複々線化と新ダイヤにより、朝のアクセスがぐっとスムーズになりました。

路線図

  • 複々線化&新ダイヤで通勤時間をスマートに。

    2018年3月、着工から30年近くかけて行われていた小田急線の複々線化がついに完成。さらに新ダイヤにより朝の通勤時間帯の乗車がスムーズになりました。

  • 混雑が大幅に緩和  運転本数を27本▶36本

    ラッシュピーク時の列車の運転本数を27本から36本に増発。混雑率は192%から約150%程度に軽減されました。

    ※ラッシュピーク時(AM8:00の前後1時間)

  • 所要時間が短縮 快速急行を3本▶28本

    朝の「快速急行」を3本から28本に大増発。たとえばラッシュピーク時の町田から新宿までの所要時間が37分と最大12分短縮されました。

    ※平日上り方向代々木上原着含む

  • 都心方面へダイレクト 直通本数を12本▶30本

    千代田線直通列車を18本増の30本に。各主要駅へもダイレクトにつながります。

    ※平日上り方向代々木上原着6:00〜9:30

  • 座ってラクラク通勤 始発電車が18本

    通勤時間帯(6〜8時台)の「本厚木」駅からから新宿・東京メトロ千代田線方向の始発電車は18本(モーニングウェイ含む)あり、座って通勤も可能です。

    ※小田急電鉄ホームページより

  • Image
  • Image
  • Image
  • Image
  • 小田急小田原線「本厚木」駅より

  • 「」駅へ 00分

    小田急小田原線急行利用

  • 「」駅へ 00分

    小田急小田原線急行(通勤時快速急行)利用、「海老名」駅より相鉄本線特急乗換え

  • 「」駅へ 00分

    小田急小田原線急行利用、「海老名」駅より相鉄本線特急乗換え、「横浜」駅よりJR東海道本線乗換え

  • 「」駅へ 00分

    小田急小田原線急行利用、「相模大野」駅より小田急小田原線快速急行乗換え、「下北沢」駅より京王井の頭線急行乗換え

  • 「」駅へ 00分

    小田急小田原線急行(通勤時快速急行)利用、「相模大野」駅より小田急小田原線快速急行乗換え

  • 「」駅へ 00分

    小田急小田原線急行利用、「海老名」駅より相鉄本線特急乗換え、「横浜」駅よりJR東海道本線乗換え

  • ※上記所要時間は、日中平常時のもので時間帯により異なります。
    また乗換、待ち時間は含まれません。
    ※平成30年6月 現在のダイヤによるものです。
    「駅すぱあと」調べ。

SHINJUKU