タカラレーベングループの新築戸建シリーズ

ステキな未来を、夢見る住まい。

ステキな未来を、夢見る住まい。

リビングは明るく、キッチンは広く開放的にしたいなど、住まう人の様々な想いを実現した
日興タカラコーポレーションの「レーベンプラッツ」シリーズ。もっと心地良く、もっと便利に。
使う人、時、場所を想定し、住まいの随所にこだわった住まいづくりを行っています。

BRANDING

住まいづくりへの想い

日興タカラコーポレーションが贈る「レーベンプラッツ」ブランドの分譲住宅を生み出すうえで、
お客様目線の設計と街の価値向上を目指す品質とデザインを追求。
「レーベンプラッツ」は、
家族の想いをすべて叶える住まいづくり
を目指しています。

「使いやすくて心地良い」を追求した住まいづくり

Point.1

「使いやすくて心地良い」を
追求した住まいづくり

日興タカラコーポレーションでは、使う人、住まう人の気持ちを意識した住まいづくりを常に心がけて、すべてのプロジェクトに取り組んでいます。特にキッチン周りや収納などは女性スタッフの意見を取り入れ、家事動線や収納棚内部の棚の配置に至るまで細やかに調整するなど、使い方や行動を想定しながら仕上げています。また、例えば広い庭を用意できないプロジェクトの場合は、その分多目的に利用できる広いスカイバルコニーを用意しバルコニーの壁も近隣からの視線を遮る高さに調整するなど、室内の随所の使い勝手を検証しながら住まいづくりを進めています。「暮らしやすい」のは当たり前、そこから一歩進んだ「心地良さ」を感じていただける住まいづくりです。

注文住宅のような自由度を分譲戸建てに

Point.2

注文住宅のような自由度を分譲戸建てに

すべてが出来上がっているものを購入するという一般的な分譲戸建てに対して、「レーベンプラッツ」ブランドでは、一人ひとりに個性があるように、住まいにも住民に合わせた個性があるべきだと考えます。注文住宅のように間取りのすべてをゼロからスタートすることはできませんが、オプションやセレクトできる場所を増やすことで、家族構成や使い方に合わせた住まいにカスタマイズできる自由さを採用しました。また、室内カラーや外観デザインは毎年トレンドの色を取り入れたものを選択しており、先進かつ普遍の美しさを追求したデザインバランスにも配慮しています。

エリアの価値を高める街づくりを目指して

Point.3

エリアの価値を高める街づくりを目指して

エリアのランドマークとなるべき住まいづくりを目指して生み出される「レーベンプラッツ」ブランド。美しさと品格を湛える街並みを形成することで、後に続く他の住宅デザインや品質の基準となり、エリア全体の価値を向上させていく礎となる。日興タカラコーポレーションはこの想いを胸に、これからも街づくり、住まいづくりを続けていきます。

PRODUCT LINEUP

物件一覧

PAGE TOP