レーベン岐阜

  • トップ
  • コンセプト
  • ロケーション
  • 再開発
  • アクセス
  • デザイン
  • 間取り
  • モデルルーム
  • クオリティ
完成予想CG

DESIGNデザイン

外観完成予想CG

One step deeper Location

静穏なる地に、
岐阜の伝統に敬意を払い
描いたのは
新たな歴史の1ページとなる邸宅。

これまで積み重ねてきた時間を予感させるような、印象的な水平ライン。
ダークトーンの中に光る鈍いメタル調のアクセントが、邸宅としての風格を醸します。
この地にこそふさわしい美しさを目指し、磨き上げたデザインです。

自然素材の表情豊かな風合いに、
手仕事の美しさが融合する。

大理石をはじめとした天然石や風合いのあるタイルをふんだんに使用し、全体に重厚感のあるデザインを演出。一方、布を挟み込んだ透け感のあるガラスタイルをアクセントとして用いることで、重厚な中に洗練された軽やかも備えています。表情豊かなマテリアルが建物全体に高級感ある陰影を落とし、歴史ある地にふさわしい邸宅としての佇まいを目指しました。

マテリアル(2020年9月撮影)

エントランスラウンジ完成予想CG

誇りを満たし、ぬくもりで包み込む。
住まう方を迎えるエントランスホール。

エントランスアプローチから風除室、ホールまで続く直線的な動線。庇や大壁によって奥行きは表現しながら、斜め壁を効果的に配すことで全てを一度に見せず、空間にリズムを生み出しました。また、ホールの一画にはホテルライクなラウンジを配置。住まう方はもちろん、大切なゲストをもてなすホスピタリティ溢れるあたたかな空間を創出しています。

岐阜の街が重ねてきた深い歴史に、
新たなページを刻むレジデンスへ。

目指したのは、歴史ある岐阜の街にふさわしい重厚感のある邸宅像。
その顔となるエントランスには、約3mという贅沢なアプローチを設けることで
穏やかな寛ぎの時間を予感させるゆとりを描きました。

敷地配置イラスト
エントランスアプローチ完成予想CG

外観・共用部デザイン監修
Studio/gd代表 / デザイナー

中 山 弘 規

多摩美術大学 環境デザイン学科卒業。デザイン事務所勤務を経て2014年、デザイン事務所 studio/gd 設立。住宅や商空間からインテリア、家具、アートワークまで幅広くデザイン活動を行う。

計画地は、駅や大通りに近い立地にも関わらず、車通りも少なく落ち着いた静かな雰囲気を感じられます。また、信長公ゆかりの歴史ある岐阜の街にふさわしい邸宅を目指して、深みのある重厚なデザインをベースに、高級感のあるアクセントを加えています。住まう方や近隣の方が間近に見ても、また大通りから遠く望んでも印象に残る意匠を目指しました。

アプローチ空間に呼応した奥行きと、
季節ごとの美を感じさせる植栽計画。

奥行きを大切にしたエントランスアプローチの意匠性をより引き立たせるために、植栽についても意図的に高低差をつけることで、抑揚ある自然な景観を創出しています。季節ごとに様々な色彩を見せる樹々たちが、住まう方の日常を美しく彩ります。

all image photo
  • シマトネリコ

  • コルジリネ

  • ラミウム

  • セダム

  • ヘリクリサム

  • ヒューケラ

all image photo

※掲載のCGパースは図面を基に描き起こしたもので実際とは異なる場合があります。形状、植栽、家具・調度品等は変更になる場合があります。また、植栽は特定の季節や樹種および入居時の状態を想定したものではありません。

※掲載の完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので、外観・植栽等は実際とは異なります。

※掲載の敷地配置イラストは図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。

※掲載の植栽計画は計画段階のもので実際とは異なる場合があります。

※掲載の写真はモデルルーム(Aタイプ)を撮影(2020年9月)したもので、一部オプション仕様が含まれております。また家具(造作家具)・調度品等(一部オプション含む)は価格に含まれておりません。

  • トップ
  • グッドデザイン
  • クオリティ
  • 物件検索
  • クラブレーベン