STRUCTURE

securitySafety

オートロックシステム

不審者の侵入対策を強化し、来訪者のアプローチ上にオートロックシステムを採用。外部にいる来訪者を住戸内のカラーモニター付インターホンにより音声と映像で確認しオートロックを解錠する安心のセキュリティーシステムです。

来訪者を慎重に確認

風除室等にはオートロックシステムを設置。操作盤には小型カメラが付いていて、各住戸のモニター画面で訪問者の姿を確認できます。また、録音機能も搭載。

オートロックシステム概念図

セコムセキュリティシステム
(24時間遠隔監視システム)

各住戸または共用部分の各種センサーが異常信号を感知したら管理事務室を経由してコントロールセンターに自動転送され、専門スタッフが24時間迅速に対処します。平日日中は管理事務員による有人管理となります。(時間については係員におたずねください)

※サービス提供はセコム株式会社です。ただし住戸内、共用部分の設備及び管理事務室の住宅情報監視盤はセコム社製以外のものとなります。

セコムセキュリティシステム

概念図

落下(転落)防止手すり

安全性に配慮して腰窓に、落下(転落)防止手すりを設置しています。

(一部のみ)

落下(転落)防止手すり

開口制限

障子を開放したときの開口を制限でき ます。窓を開けているとき、小開口ス トッパーで開口を制限できるため、小 さなお子様の安全面に配慮しています。

(一部のみ)

開口制限

ディンプルタイプの
プログレッシブシリンダーキー

ピッキング対策として、玄関錠には約1,000億通りのキーパターンをもち、きわめて複製が難しいディンプルシリンダー錠を採用。また、鍵は差し込む方向を選ばず、操作がスムーズなリバーシブルディンプルキーとしました。

ディンプルタイプのプログレッシブシリンダーキー

image illust

かざすだけで解錠する
ノンタッチキー

住戸玄関のディンプルキーの持ち手部分に、ICチップを内蔵。風除室等でセンサーにかざすと非接触認証を行い解錠します。6本中、4本はリーダー式

かざすだけで解錠するノンタッチキー

参考写真

強化ガラス

普通のガラスに比べ3~5倍程度の強度を持つ強化ガラスを採用しました。破損しても粒状になる特長があり安全性も増します。

(エントランスのみ)

強化ガラス

参考写真

インターホン

エントランスの来訪者を音声と映像で事前に確認し、不審者や煩わしい勧誘の建物内への出入りを制限します。また受話器なしで応答できる便利なハンズフリータイプなので、手がふさがっている場合でも、来訪者と対話する事ができます。

※録画録音機能搭載

インターホン

非常用照明

非常用照明をエントランスホール等に設置することで、安全な避難路の確保に配慮しています。

非常用照明

玄関

防犯に配慮し、さまざまな設備を装着しました。外部からの侵入防止に備えています。

  • 扉を開けなくても来訪者の確認が出来るドアスコープ
  • サムターン回しによる不正解錠を防ぐサムターン回し防止機能
  • こじ開けによる不正解錠を防ぐ鎌デッド本締錠
  • 地震による変位にも対応する対震・標準兼用のドアガード
  • ダブルロック採用による不正解錠の阻止と高セキュリティを維持
玄関枠・扉スペック

自動着床式エレベーター

走行中に地震を感知すると、最寄り階に停止して自動でドアを開く地震管制装置付き。P波.S波センサー採用のエレベーター設置もその一つです。P波とは地震時に起こる初期微動のことで、S波とは本震のことです。そして、このエレベーターなら地震の初期微動を素早く感知し、大きな揺れ(本震)が来る前に最寄り階へ停止。扉が開き外に出られるシステムになっています。

※震源が近い場合はその限りでない場合がございます。

自動着床式エレベーター

※掲載の写真はモデルルーム(Etype)を撮影(2021年4月)したもので、家具・調度類は販売価格に含まれません。また、一部オプション仕様が含まれております。

comfortLife

シックハウス対策

シックハウスの原因とされる、ホルムアルデヒドの発生が極めて少ないF★★★★等級の壁紙・建材を使用。安心して暮らせる真の快適性を追求しています。

COMFORTABLE-01

対策1 内装仕上げの制限

内装仕上げに使用する建材に含まれているホルムアルデヒドの発散する量に応じて、使用可能な面積を制限します。

  • フローリングには、ホルムアルデヒド放散等級がF★★★★のものを使用。
  • 下地に使われている合板、繊維板などの木質系建材はF★★★★のものを使用。
  • 壁・天井の壁紙(ビニールクロス)は、F★★★★のものを使用、及び壁紙の接着剤は、ノンホルマリン接着剤を使用。
  • キッチンユニット・洗面化粧台・木質建具などもF★★★★のものを使用。

対策2 天井裏にもF★★★★の建材を使用

天井裏に、ホルムアルデヒド放散等級が最高等級のF★★★★のものを使用。

対策3 フルタイム稼働で新鮮な空気を取り入れる常時低風量換気システム

24時間低風量換気システムを採用。常時、低風量でお部屋内の空気を入れ替えることができます。

ホルムアルデヒド対策

■対象となる内装材:クロス材や接着剤にはホルムアルデヒドの揮発を極小に抑える最高レベル建材「F☆☆☆☆(フォースター)」を採用しました。

■住宅性能表示制度における基準

特定木質建材(パーティクルボード、木質繊維板、合板、複合フローリング、集成材又は単板積層材)

■住宅性能表示制度における基準

■日本工業規格の等級

内装材・下地材には日本工業規格JISの最高規格である「F★★★★」低ホルムのパーティクルボード・木質繊維板を使用しています。

■日本工業規格の等級

■日本農林規格の等級

内装材・下地材には日本農林規格JASの最高規格である「F★★★★」低ホルムの合板を使用しています。

■日本農林規格の等級

※上記放散量は、JIS、JAS規格による内装材の数値で、実際の室内値として保証するものではありません。

ホルムアルデヒド対策

2003年7月より、シックハウス対策のため、建築基準法が改正されました。この改正は、シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるために、建築物に使用する建材や換気設備を規制するものです。

ホルムアルデヒドってなに?

ホルムアルデヒドは、接着剤に含まれる化学物質で、常温では無色の気体です。これを水に溶かしたものがホルマリンで、小・中学校の理科の実験室で、生物標本の保存液として使われているように防腐剤として利用されています。これを含んだ接着剤は、防腐性能があり、コスト的にもリーズナブルなことから普及し、住宅でも使われていました。しかし、このホルムアルデヒドが空気中に揮発したものを大量に吸引したりすると、皮膚や粘膜を刺激するといわれ、問題になっています。

シックハウスってなに?

一般的にシックハウスとは、住宅の新築またはリフォーム時に使用する建材などから放出する揮発性化学物質(ホルムアルデヒド、トルエンなど)が、人体に触れたり吸引されることにより、頭痛や目・鼻・喉の痛み、吐き気などの健康障害を引き起こすことを言います。

afterService

たからの10 for All(専有部メンテナンスサービス)

たからの「10 for All」は、マンションご購入のお客様の住まいに、10年間にわたる安心をご提供。住まいの不具合などに関する充実のサポートで、お客様の人生に寄り添います。

※本サービスの詳細条件については、サービス約款をご確認ください。詳しくは係員にお尋ねください。

10forAll
10forAll

qualityControl

国土交通大臣から指定された、登録住宅性能評価機関による住宅性能評価書を取得予定

国土交通大臣から指定された第三者機関による「住宅性能評価書」を取得し、お客さまに提供する住まいの安心を高めています。この評価書では、「地震や火災などに対する強さ」「劣化のしにくさ」「エネルギー消費量」「メンテナンスのしやすさ」などについて、設計完了時に設計住宅性能評価書を取得。また、建築工事完成時に建築住宅性能評価書の取得予定をしており、住まいの品質評価が客観的に表されています。

■住まいの安心を第三者評価機関が評価 [住宅性能評価]

QC-01
構造の安定 劣化の軽減 維持管理・更新への配慮 温熱環境・エネルギー消費量
地震や風、屋根への積雪などに対し、建物がどの程度強いかを評価。 新築時の強さをできるだけ長く保つための、耐久性への対策を評価。 給排水管やガス管、給湯管のメンテナンスのしやすさ(点検・清掃・修理など)を評価。 断熱性を向上するための部材や施工方法などにより、どの程度省エネルギーに貢献するかを評価。
  • ●耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
  • ●その他(地震に対する構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止)
  • ●地盤又は杭の許容支持力等及びその設定方法
  • ●基礎の構造方法及び形式等
●劣化対策等級(構造躯体等)
  • ●維持管理対策等級(専用配管)
  • ●維持管理対策等級(共用配管)
  • ●更新対策(共用排水管)
  • ●断熱等性能等級

暮らしがいつまでも快適であり続けるために「長期修繕計画」

新築のような快適な状態を維持させ、建物の寿命を長く保持するための備えが「長期修繕計画」です。具体的には、屋上防水や鉄部塗装、外壁の改修、給排水設備のメンテナンスなどが中心となりますが、この他にもたくさんの項目が修繕の対象となります。従ってそれぞれの項目について修繕時期を細かく設定し、修繕を行っていくことが大切です。また、修繕に必要な資金も計画に合わせて計算し、随時見直しを行いながら、修繕積立金として積み立てていくことになります。グループ会社である株式会社レーベンコミュニティ(管理会社)では、永年にわたるマンション管理で培った建物の保守・修繕のノウハウを活かした長期修繕計画を提案しています。

資産としてのマンション管理を担う株式会社レーベンコミュニティ

株式会社レーベンコミュニティ

安心で快適な暮らしを叶えるために行き届いたマンション管理が必要です。 皆様の良質なコミュニティ形成に協力することは、私たちマンション管理会社に課せられた重要な仕事と考えています。 株式会社レーベンコミュニティでは、安全・安心・資産維持に向けた適切な建物点検の実績はもちろん、日常からの管理活動をしっかりとサポートし、皆様に充実したサービスを提供します。

ランキング
ランキング

株式会社レーベンコミュニティは、中小規模のマンションから大型マンション、リノベーション物件や投資用物件まで、幅広く管理しています。 2021年3月末現在の管理実績は1,327棟/66,037戸となり、毎年順調に管理物件数を増加させています。また、近年はタカラレーベングループが販売した物件以外の管理組合からも お声を掛けて頂く機会が増え、管理会社変更による受託件数の割合が大きくなっております。管理業務委託契約継続率も約99.7%と、お客様より高い支持を獲得しています。

資産としてのマンション管理を担う株式会社レーベンコミュニティ

basicConstruction

耐震を考えた構造安定に関する基礎知識

住宅は、地震、暴風、積雪などさまざまな力の影響を受けます。これらの力の影響が大きくなると次第に損傷を受けたり、時には壊れたりして財産としての価値を失ったり、居住者の生命が脅かされてしまうことがあります。タカラレーベン東北では柱や梁、主要な壁、基礎などの構造躯体の強さ、またこれらを併せて、構造躯体の強さを十分に発揮するための前提となる基礎や地盤に関する情報も重要視し、マンション事業に取り組んでいます。

耐震を考えた構造安定に関する基礎知識

地盤調査

地盤調査とは、構造物などを建てる際に必要な地盤の性質の把握などを目的として、地盤を調査することです。この調査により、地盤強度などが判明し、設計を行い構造物が施工できるようになります。

地盤調査

鉄筋コンクリート構造(RC構造)

鉄筋コンクリート構造とは、鉄筋とコンクリートを用いた建築の工法です。英語のReinforced-Concrete(補強されたコンクリート)の頭文字からRC構造またはRC造といわれています。コンクリートの圧縮に強い性質と鉄筋の引張りに強い性質を組み合わせた構造です。

鉄筋コンクリート構造

ラーメン構造

柱と梁の接点が変形しにくく、接合する部分がしっかり固定された「剛」接合になっている構造です。住戸内に壁のない自由な空間を作ることができます。

ラーメン構造

コンクリート強度(設計基準強度)

本設計では、一般的なコンクリートよりも強度を強め、設計基準強度Fc=27N/㎟以上としました。これは1㎡当たり約2,700トンもの重量を支えられることを示しています。

※付属施設・捨てコンクリート・土間コンクリート・外構擁壁等を除く

コンクリート強度(設計基準強度)

※「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事2015(日本建築学会編)」の考え方を引用※コンクリートの構造設計の際に基準とするコンクリートの圧縮強度、材齢は28日を標準としています。

コンクリート水セメント比
(コンクリートの強度を表す指標のひとつ)

水セメント比はコンクリートを作る時の主要な材料である水とセメントの割合です。水の量が少ないほど強度が高くなり耐久性はアップします。「レーベン山形旅篭町 CROSS THE TOWER」では、水セメント比を基礎を含む上部躯体部分は50%以下(水量をW、セメント量をCとすると「W/C」の百分率で示されます。)としました。

(一部除く)

■セメントに対する水の量が50%以下
コンクリート水セメント比

■ コンクリート構成例グラフ ※付属建物・外構部・捨てコンクリート・土間コンクリートを除く

コンクリートかぶり厚

劣化しにくい構造躯体を実現するには鉄筋コンクリートの中性化対策が施され強度の高いコンクリートが使用されているかにあります。中性化を防ぐひとつの策は鉄筋を覆っているコンクリートの厚さ(かぶり)を適切な厚さで確保することが効果的であるとされています。そこで、「レーベン山形旅篭町 CROSS THE TOWER」では、コンクリートのかぶり厚を土に接しない部分は約30mm〜約50mm、土に接する部分は約50mm〜約70mm確保し、耐久性を保っています。

コンクリートかぶり厚

コンクリート

セメントに、水、砂利、砂を加えて混ぜ合わせることにより、化学反応(水和反応)を起こし、固体化させたもので圧縮に対する強度が非常に大きく、主に建築物の荷重を支える構造部材として多用されています。

コンクリート

ダブル配筋(耐震壁)

壁の中でも耐震壁と呼ばれる戸境壁(住戸と住戸を隔てる壁)等は、地震時などに建物にかかる水平力のほとんどを負担する重要な部材となります。そのため、耐力を十分確保できるように、鉄筋を一列に配置するシングル配筋にかわり、ダブル配筋を採用しています。

ダブル配筋(耐震壁)

コンクリートスランプ試験

スランプとは凝固前の生コンクリートの流動性(やわらかさ)を示す値です。スランプの値が大きくなるほど流動性の高い生コンクリートだといえます。「レーベン山形旅篭町 CROSS THE TOWER」では、コンクリートスランプ試験を行い、流動性が適切であるかチェックをしています。

※捨てコンクリート等を除く

コンクリートスランプ試験

溶接閉鎖型フープ筋

柱のフープ筋の継ぎ目は1本ずつ工場で溶接加工された閉鎖型になっているフープ筋を使用しています。柱の主筋を拘束する能力が高く大地震における粘り強さに優れています。(一部除く)

溶接閉鎖型フープ筋

圧縮強度試験

硬化したコンクリートが、外力に対してどのような強さを持つかを見る目安が強度です。「レーベン山形旅篭町 CROSS THE TOWER」では、JIS認定工場にてコンクリート技士による管理のもと配合されたコンクリートの一部を、現場でサンプルとして採取し、圧縮強度試験を行っています。一定の期間が経過した後、固まったコンクリートに実際に圧力を加え、設定した以上の強度があることを確認しています。

※捨てコンクリート等を除く

圧縮強度試験

配筋検査

鉄筋コンクリート造の設計で、地震力等の外力によって構造計算した結果、鉄筋を配置することを「配筋」といい、柱・梁・壁・スラブ・基礎それぞれの配筋と、寸法・数量・種別などを示した図面を「構造図」といいます。コンクリートを打ち込む前に、この構造図に基づいて正しく配筋されているかを建設施工の工程の一環として工事監理者によって確認しています。又、審査機関(特定工程)の検査を受けます。この配筋検査は強度や耐久性にかかわる重要な検査です。

配筋検査

コンクリートチェック

工場から建築現場に届いたコンクリートは、受入検査で入念にチェックされます。チェック項目はコンクリートの配合強度、空気量、塩分含有量、温度など、規定数量ごとに検査をクリアしたコンクリートがポンプ車により送られ、型枠に流し込まれます。

※捨てコンクリート等を除く

生コンクリートチェック

image photo

工事段階での工程内検査の実施

タカラレーベン東北では工事段階でも厳しいチェックを行っています。定期的に担当者にて現場で工程内検査を行っています。

工事段階での工程内検査の実施

image photo

鉄筋

鉄筋コンクリートに用いる鉄筋に、日本工業規格(JIS)に合格した鉄筋を使用しています。大きな力のかかる柱や大梁の主筋には、D16以上の物を使用しています。

※D16とは鉄筋の太さを表します。

鉄筋

生活音に配慮した二重床・二重天井

居室には、振動を吸収するクッションゴムを支持脚に装備し、⊿LL(Ⅱ)-3等級相当(メーカー表示)の遮音性能を備えた二重床構造を採用しました。

※遮音性能(⊿等級)は、JIS規格で定められた測定方法で測定した値であり、実際の住戸内での遮音性能を示すものではありません。※スラブの工法・厚み・面積により実際の性能は異なる場合があり、性能を保証するものではない事をあらかじめご了承ください。

生活音に配慮した二重床・二重天井

外壁(構造体・仕上)

●吹付けタイル
コンクリートの仕上げに、樹脂系等の素材を塗装する工法です。

●タイル
粘土を主原料とし焼成した素材です。水分を吸収しにくいので、耐候性、耐久性、耐火性に富んでいます。汚れがつきにくく、メンテナンスが容易なのが魅力となります。「レーベン山形旅篭町 CROSS THE TOWER」では、両方を適材適所に併用しています。妻側の外壁のコンクリート厚(RC)は、約180mm以上、他外壁は約150mmを確保しました。

外壁(構造体・仕上)

戸境壁(界壁・耐震壁)

集合住宅の住戸と住戸の間を区切っている壁を戸境壁といいます。耐火性能、遮音性能の基準が法令により定められていて、特に防火、遮音性能が強く要求されます。各住戸の戸境壁のコンクリート厚を約180mm確保しています。隣戸の生活音の伝わりを軽減し、プライバシーや遮音性に配慮しています。

戸境壁(界壁・耐震壁)

二重サッシ

二重サッシにすることで結露の発生を抑え、遮音性も向上します。また、気密性も高まり、冷暖房効率も上がります。※一部除く

戸境壁(界壁・耐震壁)

外壁(室内側)

外壁の室内側は外壁コンクリート(RC・ALC)に対し、断熱材を施し、室内環境を保つため下地材と空気層を設け、プラスターボードにビニールクロスを施しています。※一部除く

外壁(室内側)

basicConstruction

建物の防水・断熱性能

外気に接する最上階の屋根部分にさまざまな工夫がなされています。一つ目はコンクリート躯体で勾配をとり、室内への雨漏りの原因となる水たまりができないように考慮し、アスファルトによる防水処理を行っています。二つ目は外断熱(一部内断熱)処理。これはコンクリートの外で断熱し、外気の寒暖を遮断することで冷暖房効果を高め、結露やひび割れの発生を軽減する効果があります。

建物の防水・断熱性能

パイプスペース(PS)

パイプスペース廻りは厚さ約12.5mmのプラスターボードを床と天井のコンクリートスラブ間で貼っています。

※エアコンドレン用PSは除く

パイプスペース(PS)

住戸内にパイプスペース点検口

トイレやキッチン、浴室などから出る汚水・雑排水は、パイプスペース内を縦に通っている共用排水管を通り排水されます。この共用排水管の点検が行なえるように、住戸内には点検口を設けています。

住戸内にパイプスペース点検口

屋上の防水と外断熱

最上階の屋上部分は、太陽熱や雨水の影響を最も受ける場所です。そこで屋上スラブの上部には断熱材を敷き詰めた外断熱を採用(一部内断熱)しアスファルト防水を施しています。外気と日射、雨水の影響からしっかりと建物を保護し、断熱効果を高め雨漏り等も防止しています。

屋上の防水と外断熱

給水共用管には防錆対策

飲料用の給水共用管には塩ビライニング鋼管とコア内蔵継手を採用しています。住戸専用部分はポリエチレン管を採用しています。いずれもライフラインに重要な役割を果たす部分での防錆対策です。

給水共用管には防錆対策

遮音対策

音の伝導が気になるパイプスペースの配管部分に防音型排水管を使用し、音の伝わりを軽減しました。

構造スリット

受水槽圧力給水方式

水道水を受水槽に一旦貯留し圧力給水ポンプで各住戸に送水する方式となります。

■水質管理が容易に行える受水槽
受水槽の水をポンプで圧力を加えて給水する加圧給水方式を採用しています。受水タンクが屋上ではなく建物敷地内に設置してあるので、清掃や水質管理が容易に行え、供給水量も安定するというメリットがあります。
受水槽圧力給水方式

タイル、吹付タイルでコンクリートをガード

マンションの美観を演出する、 外壁タイル及び吹付タイル にはもう一つ大切な役割があります。 45二丁掛タイルや吹付けタイルなどの施工により、コンクリートをガードします。美しさばかりでなく耐久性もしっかりと高めます。

タイルでコンクリートをガード

玄関ドアには対震枠を採用

玄関には、枠とドアのクリアランスを通常より広く取った対震ドアを採用しました。これにより、地震で枠が変形しても、ドア本体への変形を防ぎ地震時でもドアを開閉できるよう配慮しています。

●対震枠
上下の枠は傾斜形状になっており、ドアと枠のクリアランスが大きいため、固く閉ざされることはありません。
●対震ストライク
地震時、ラッチおよびデッドボルトはあらゆる方向に動き、側圧がかかった状態で止まります。対震ストライクは、外圧がかかるとステンレスカバーがつぶれて、ラッチおよびデッドボルトへの側圧をやわらげますので、通常の力で解錠できます。
玄関ドアには対震枠を採用

タイルの引っ張り試験

貼り終わったタイルは接着力試験器を用いて引っ張り試験を実施しています。

タイルの引張り試験

ひび割れ防止対策

コンクリートは、経年による乾燥の際に、ひび割れを生じる場合がありますので外壁の要所に誘発目地を設け、その他の場所でひび割れを生じにくくしています。

※一部除く

ひび割れ防止対策

※外壁タイル色は異なります。詳しくは、係員にお尋ねください。

バルコニー避難ハッチ

万一、火災が発生した場合に廊下側だけでなく、バルコニーからも地上などへ速やかに避難できるように、バルコニーに避難ハッチを設けました。避難ハッチのない住戸の居住者は、バルコニー間の隔板を破り、他の住戸に設置した避難ハッチを利用することができます。

防火防音措置工法

連結送水管

建物外の送水口と3階以上の階に設けられた放水口を配管で結んだ消防用の設備です。

連結送水管

排水竪管

キッチン、浴室、トイレなどで流した排水音を抑制するため、排水竪管には防音型排水管を使用しています。

防音型耐火二層管

給水・給湯配管 《樹脂管先分岐工法》

樹脂管先分岐工法は、信頼性に優れ、継ぎ目の加工技術やトラブルによる漏水の防止に有効です。

給水・給湯配管《樹脂管先分岐工法》

冷蔵庫のコンセントを
床から約190cmの高さに設置

冷蔵庫電源コードが、冷蔵庫の下敷きになって破損し、そこから火災が起きることがないように、冷蔵庫置場には床から約190cmの高さにコンセントを設置しています。

冷蔵庫のコンセントを床から約190cmの高さに設置

消火器

初期消火の際に人が操作する、持ち運びできる消火器具を共用部に設置しています。

消火器

image photo