CONCEPT

未来永劫語るべき邸宅へ 未来永劫語るべき邸宅へ 外観完成予想図
未来永劫語るべき邸宅へ

此の場所だからこそ実現できる、
未来を描きます。

五感で四季を味わいながら、優しい時間とともに日々が流れる街、それが北上。
この美しい街に相応しい住まいを創る。
それは、時を経ても色褪せない普遍性と、近代的な利便や洗練を纏った機能性を共有すること。様々な世代の声を聞きながら、幾多の住まいを創り続けてきた
タカラレーベン東北だからこそ実現することが出来る未来が、此処にあります。

AESTHETICS [美意識] PRECISE [的確] 
CONFORTABLE [心地よさ] EVER [いつまでも]

いつまでもずっと、豊かな暮らしを満たしつづける住まいには、年を経て尚色褪せることのない美意識を纏った建築デザイン、綿密に計算された的確な空間プランや、機能スペック、そして、そこから生み出される心地よい快適さが何よりも必要だと私たちは考えます。

INTERVIEW

揺るぎ無き意志が根付くこの北上の地に、
四季が織りなすムードと現代的なエレガンスの調和を映し出す。

We+F

株式会社 ウイ・アンド・エフ ヴィジョン

吉崎 博

建築設計、インテリアは、集合住宅から商業施設の意匠設計に関して高い評価を得る株式会社ウイ・アンド・エフ ヴィジョンを起用。日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞、東京建築賞奨励賞などを受賞のほか、日光カンツリー倶楽部、アナスタシア等、代表作多数。

北上市の未来を象徴する
誇らしきデザインを。

岩手県北上市の中心市街地が、この度の創造の舞台です。どこまでも澄み渡る大きな空と、遥かに望む雄大な山脈、そして、どこか幻想的な美しさを醸し出す北上川。こうした自然背景を、北上展勝地の桜に代表される四季折々の植栽が彩ります。私たちは、この地から始まる住まいには、この素晴らしい北上の世界に呼応するデザインが大切だと考えました。北上を愛し、未来へ繋いで行く住まいを創ると言う使命をもって、皆様の誇りとなるようなデザインを追求しました。

We+F visionでは、「デザイン=生活文化の再生と未来の創造」を念頭に街を、暮らしをデザインしています。日本の風土が育んだ住環境を中心とする生活環境は世界の中でも希有な存在とされています。だからこそ、私たちは日本固有の生活文化を大切にしながらも、そこに新しい生活スタイルを創造したいと考えています。「モダニズムは人々の願い。伝統は人々の誇り。」日々刻々と移り変わる現代社会のなかで、生まれ変わるべきもの、大切に遺したいものを厳しく見つめながら、デザインに昇華していきます。

Hopes to give birth to new lifestyles

a.「ミズ・レイコ72ビル」 東京都渋谷区(2008年) b.「恵亭」(日本橋高島屋内)東京都中央区(2006年) c.「神戸ハーバーランド モザイク」兵庫県神戸市(1992年) d.レーベン仙台一番町 THE FAVE(竣工年月/2019年8月) e.レーベン仙台 THE GRANDE(竣工年月/2018年1月)

1.北上川(約980m) 2.エントランスホール

  • トップ
  • グッドデザイン
  • クオリティ
  • 物件検索
  • クラブレーベン