デザイン|レーベン長野 THE MID TOWER|長野市の新築分譲マンション

  • TOP
  • CONCEPT
  • DESIGN
  • PREMIUM FLOOR
  • PLAN
  • MODEL ROOM
  • EQUIPMENT
  • LOCATION/ACCESS

DESIGNデザイン

外観完成予想図外観完成予想図

ENTRANCE

ENTRANCE

スケールに感動し、
デザインに魅せられる。

長野市内で最高層の存在感に魅了され、このレジデンスに近づいたとき、人は新しい感動に包まれる。そこで出逢うのは、長野市のランドマークとなるに
ふさわしい高級感と落ち着きを湛えながらも、どこか自由でスタイリッシュなデザイン。
モダンなフォルムに、多様なマテリアル、質感、色彩を織り込みながら、単に重厚長大では語りきれない、新たな洗練と品格を描き出します。
そして、その豊かな世界は、エントランスをくぐり、レジデンスの内奥へと誘われるほどに深まっていく。
高さだけではなく意匠にもこの街で最高の存在感を求めました。

ENTRANCE

ENTRANCE HALL

誇りをいだき、
中心の高みに暮らす。

天空へと伸びる地上20階建て、全129戸のスケール豊かなフォルムに纏うのは、ネイビーグレーを基調にした色彩。
遠方からは街並みに映え、存在感を主張する一方、近隣では大空の色になじみ、威圧感を与えない。
街のシンボルとしてのスタンスをその色彩に込めました。
ワイドなアプローチに奥行ある庇を配したエントランスは、庇にも屋内にも折上天井をあしらい、床面のタイルも統一するなど内と外が連続した空間。
イタリアンストッコの壁面など、ガラスの向こうに垣間見える意匠を凝らしたインテリアが、洗練された寛ぎの時間を予感させます。

LOUNGE

LOUNGE

シンボルにふさわしい
ライフシーンを描く。

そこは129のライフスタイルが集うレジデンス。共用部にもビッグ・コミュニティにふさわしい施設を揃えました。エントランスホールの奥には、上質なソファが用意されたラウンジ。壁・床面のタイル、折上天井の木板など、多彩なマテリアルを使用し、洗練の中にも安堵を感じる空間を演出。
ミニキッチンを備えたパーティルーム、それぞれにインテリアデザインの異なる2つのゲストルーム、意匠にもこだわったランドリールームも設置しました。また、アプローチのロードヒーティングやタイヤ保管庫など、風土に配慮した設備も充実しています。

  • PARTY ROOM

    PARTY ROOM

    エントランスホールの奥にはパーティールームを設置。
    シックなインテリアの空間に包まれ楽しむひとときが、ご家族やお住まいの方々との交流と絆を育みます。

  • GUEST ROOM

    GUEST ROOM※1

    それぞれにインテリアが異なる2つのゲストルーム。
    お客様にゆっくりとお寛ぎいただけます。
    観光資源に恵まれた長野だからこそ、ご活用いただきたい設備です。

■敷地配置イラスト

image photoimage photo

Laundry Room ※1

衣類をはじめ寝具などの洗濯・乾燥ができるランドリールームが、冬の暮らしを応援します。機能はもちろん、心地よく利用できる美しい空間にもこだわりました。

image photoimage photo

Parking 100% ※1 ※2

車上への積雪を心配せずに保管できるタワーパーキングの116台分をはじめ全戸129台分の駐車場を確保。199台分の駐輪場、6台分のバイク置き場も備えました。

image photoimage photo

Tire Storage Space

冬季のタイヤ交換に備えて、建物内にタイヤ置き場を確保しています。専有部に置いて場所を取られることもなく、すっきりしたプライベート空間を実現できます。

image photoimage photo

Road Heating

敷地内の要所に、冬場の積雪に配慮して、雪を融かすロードヒーティングを導入。雪かきの負担が少ないマンションライフをさらに徹底しました。

ARCHITECT

ARCHITECT

ARCHITECT

高さも、デザインも、
最高の邸宅をこの街に。

盆地の街・長野。そこに建つ最高層の建物は、シンボリックな存在になります。だから存在感もデザインも最高のものを。しかし、いたずらに突飛なものでは街の良さとなじみません。圧迫感を和らげつつ存在感を与えることはが大切なテーマでした。縦のラインで高さを強調する一方、ネイビーグレーの外壁色は近くで見上げると空になじみ、遠くから眺めると存在感が際立ちます。インテリアには、アメリカ西海岸のイメージを導入しました。長野と西海岸は無縁のようですが、長野には盆地ならではの厳しい冬の寒さ、夏の暑さがあります。そこで、冬には温もりを、夏には爽やかさを運んでくれるデザインを求めました。西海岸風のゆとりと洗練は、長野の四季を大らかに包んでくれることでしょう。

image photoimage photo

  • 熊田慎吾

  • 建築設計・デザイン
    熊田慎吾

※株式会社不動産経済研究所 2019年2月調査

※掲載のエントランス完成予想図は設計段階の図面を基に描き起こしたもので、実際と異なる場合がございます。また植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。植栽等の種類につきましては変更となる場合がございます。

※掲載の外観・エントランスアプローチ完成予想図は設計段階の図面を基に描き起こしたもので、実際と異なる場合がございます。また植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。植栽等の種類につきましては変更となる場合がございます。

※掲載のラウンジ・パーティールーム・ゲストルーム完成予想図は設計段階の図面を基に描き起こしたもので、実際と異なる場合がございます。

※掲載の敷地配置イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、変更となる場合があります。

※1 別途使用料がかかります。

※2 車種等に制限がございます。詳しくは係員にお尋ねください。

※掲載の外観完成予想図は設計段階の図面を基に描き起こしたもので、実際と異なる場合がございます。また家具・調度品等は販売価格に含まれません。

  • トップ
  • グッドデザイン
  • クオリティ
  • 物件検索
  • クラブレーベン