DESIGN

シャープなラインが織りなす
洗練の外観デザイン。
上質な都市型レジデンスとして、
その品格と矜持を高めるモダンで洗練された外観フォルム。
垂直のマリオンに象徴されるシャープなラインを強調した
デザインが優美で端正な表情を与えてくれ、
ガラス手摺を採用し、色や素材の違う数種類の
外壁を貼り分けるなど
ディテールにもこだわって
景観に心地よいアクセントを生んでいく。
開放感を愉しみながら
プライバシーも大切に。
全邸南向き、
ワンフロア3邸の住まい。
都市に暮らしながらその喧騒を忘れさせる住空間で
あるために。全邸南向き、
3面開口の角住戸が66%を占めるワンフロア3邸のプランニングは、
私邸に相応しい静粛性、プライバシーと開放感を両立させたひときわ心地よい
住み心地をもたらしてくれる。

歳月を重ねるほどに風趣を
深めていく。
私邸に相応しい品格を
演出するマテリアル。

時とともにその存在感を高めていくようなこの場所に相応しい邸景を描き、住まう誇りと歓びを映し出す建物とするためにそのマテリアルも厳選。
タイルの重厚さと軽快さの対比が趣を深めるカラーリング、
またそれらの組み合わせから生み出される陰影の妙が織りなす美しい造形がレジデンスとしての品格を高めていく。

ENTRANCE APPROACH

佳景にして上質。
ドラマチックな表情が
響き合う。
歩車道分離により歩行者の安全を確保した
アプローチを進んだ奥まった位置に設えられたエントランス。
道ゆく人々の視線を遮り、まるで都会の隠れ家のような
趣を醸し出す。
そして上質なマテリアルを組み合わせた現代的な造形が、
やすらぎにあふれる私邸へとエスコートする。

エントランスアプローチ完成予想図

ENTRANCE HALL

美しく誇らしい。
安息の私邸へと誘う
迎賓の設え。
ハイグレードな雰囲気を漂わせるエントランスホール。
床や壁のデザインや風合いの違うタイルを組み合わせ、
シックなカラーリングでまとめた空間はまさに迎賓の設え。
間接照明を埋め込んだ折上天井、足元のガラス越しに
見える坪庭の植栽が
この空間のグレード感を
一層高めてくれる。

エントランスホール完成予想図