NEBEL
SENDAI
CROIRE
empty5-4

邸宅としての誇りを醸成する、
建築の美意識。

街に呼応しながらも、その存在感を示す建築デザインが、新たなる美しい街並を創りだしていきます。デザインの核として、東京駅舎に代表される厳格な歴史建築思想「丸の内モダニズム」を仙台車町エリアにも体現することを指標としています。
御影石をあしらった外壁はスタイリッシュモダンなシルエットの中にも重厚感を醸し出します。敷地に配した四季折々の植栽計画も、邸宅としての存在感をビビットに際立たせます。
エントランスやラウンジにおいても、格調高い大理石やタイルカーペットなど、質感豊かな素材をふんだんに採用するとともに、窓や照明のデザインにもこだわりました。細部にまで宿した建築に対する美意識が、毎日の暮らしに誇りをもたらすことを願っています。

empty7-5

ENTRANCE

Architectural Aesthetics that Create Pride as a Residence

Featuring granite, the façade produces a profound feeling among its stylish and modern silhouettes. The seasonal landscaping located around the premises exquisitely shows off the building’s presence as a residence.

empty7-5

LOUNGE

In the entrance and lounge, we liberally employed elegant marble, tile-shaped carpet, and other materials full of texture while also being particular about the design of the windows and lighting.

We hope that the architectural aesthetics,

even in the finest of details, will bring about a sense of pride in your everyday life.