DESIGN

エントランス外観

調和する存在感。 調和する存在感。

この地が育んできた歴史や周囲の景観と響き合いながら、堂々とした姿で佇む。それが「レーベン上尾GRAN MAJESTA」に託した邸宅像。荘厳な瓦屋根を思わせる上層部や、四季折々の自然と呼応する岩山をイメージした大壁面、さらには彫りの深さや端正さを印象づける水平・垂直のライン。永く継承されてきた建築美を活かし、洗練された上尾の都市性に似合う住まいへと昇華させることで、この邸宅は真にシンボリックな存在へと向かう。 この地が育んできた歴史や周囲の景観と響き合いながら、堂々とした姿で佇む。それが「レーベン上尾GRAN MAJESTA」に託した邸宅像。荘厳な瓦屋根を思わせる上層部や、四季折々の自然と呼応する岩山をイメージした大壁面、さらには彫りの深さや端正さを印象づける水平・垂直のライン。永く継承されてきた建築美を活かし、洗練された上尾の都市性に似合う住まいへと昇華させることで、この邸宅は真にシンボリックな存在へと向かう。

南西側外観南東側外観

門構えの包容力。 門構えの包容力。

邸宅の質を雄弁に語る門構え。「レーベン上尾GRAN MAJESTA」では、誇りある暮らしを主張し、住む人を大らかに迎える“顔”となるよう、幅約19.3m・高さ約3.1mのダイナミックなルーフで演出。力強い柱を配した回廊や重厚な木調ドアも、寛容なる佇まいを映し出す。一方で、内部の気配を感じさせないグラデーション硝子や格子のデザインが繊細な美意識を伝え、住む人を優しく守る安心感も表現。この大いなる包容力こそ、邸宅たる所以。 邸宅の質を雄弁に語る門構え。「レーベン上尾GRAN MAJESTA」では、誇りある暮らしを主張し、住む人を大らかに迎える“顔”となるよう、幅約19.3m・高さ約3.1mのダイナミックなルーフで演出。力強い柱を配した回廊や重厚な木調ドアも、寛容なる佇まいを映し出す。一方で、内部の気配を感じさせないグラデーション硝子や格子のデザインが繊細な美意識を伝え、住む人を優しく守る安心感も表現。この大いなる包容力こそ、邸宅たる所以。

エントランス外観エントランス外観

デザイン監修 デザイン監修

“KURA”の世界観。 “KURA”の世界観。

充実の共用空間も「レーベン上尾GRAN MAJESTA」の独自性。受け継がれてきた“KURA”の建築様式をモチーフに、回廊を介してつながる3つの共用空間を計画。各々に機能や美しさを持たせながらも全体を木製ルーバーの天井で貫くことで、緩やかな連続性を表現している。回廊の柱型はアンティークな雰囲気が漂う天然石の石積みとし、さらには水景や緑景を取り入れるなど、潤いある風景も演出。自分らしい時間を刻む上質な場となる。 充実の共用空間も「レーベン上尾GRAN MAJESTA」の独自性。受け継がれてきた“KURA”の建築様式をモチーフに、回廊を介してつながる3つの共用空間を計画。各々に機能や美しさを持たせながらも全体を木製ルーバーの天井で貫くことで、緩やかな連続性を表現している。回廊の柱型はアンティークな雰囲気が漂う天然石の石積みとし、さらには水景や緑景を取り入れるなど、潤いある風景も演出。自分らしい時間を刻む上質な場となる。

敷地配置 敷地配置 敷地配置図
コミュニティラウンジウェイティングラウンジ
コミュニティラウンジコミュニティラウンジ

※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。植栽は、特定の季節やご入居時の状況を想定して描かれたものではありません。雨樋、エアコン室外機、 給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。また、家具・照明器具・調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。 南東側外観完成予想CGは周辺道路・建物等は簡略化しており、南西側外観完成予想CGは周辺道路・建物等は表現しておりません。

※掲載のマテリアル写真は2018年5月に撮影したものです。掲載の写真の色合い等は、印刷物のため実際とは多少異なります。また、採用素材 は施工上の都合により変更になる場合があります。

  • トップ
  • グッドデザイン
  • クオリティ
  • 物件検索
  • クラブレーベン