浦和エリア特集

歴史ある学校もあり教育意識の高い「文教地区」として知られる浦和エリア。「住みたい街ランキング2021関東版」では第8位を獲得。開発が進む浦和駅を中心に商業施設も充実しており、自然スポットも豊富。様々な行政施設も集まるさいたま市の中枢でもあります。

shopping。多彩なショッピングスポットが充実したエリア。パルコや伊勢丹など大型商業施設が集積するJR浦和駅をはじめ、北浦和にはイオンやクイーンズ伊勢丹、南浦和には地域に根差したデパート「丸広百貨店」などバラエティーに富んだショッピングスポットが充実のエリアです。

education。歴史ある教育施設が集積する、県内有数の文教地区。創立120年以上の歴史を誇る「県立浦和高等学校」やスーパーグローバルハイスクール指定校の「県立浦和第一女子高等学校」等の教育施設が集まる文教エリア。また、浦和パルコ内にある中央図書館をはじめ、北浦和公園の敷地内にある近代美術館など街並みに溶け込んだ文化施設も充実。学習塾が集積する南浦和駅周辺に象徴されるように、教育に対する意識の高い方々が選ぶエリアという点も魅力です。

nature。緑と水の潤いを身近に季節を感じる街。北浦和駅前の広大な北浦和公園や大きな沼と庭園の別所沼公園、サッカー場と野球場なども整備された浦和記念公園など多彩な自然名所が多数。また、「日本一長い桜回廊」と言われる総計20kmにも渡る桜の沿道を有する見沼田んぼなど季節を感じるスポットも充実。

column。「塾銀座」といわれる南浦和駅周辺。京浜東北線と武蔵野線が交差するJR南浦和駅周辺には約70もの学習塾が集まり、「塾銀座」と呼ばれています。浦和エリアの教育関心度の高さがうかがえる街の風景です。住みたい街ランキング8位を獲得。「SUUMO住みたい街ランキング2021 関東版」で横浜をはじめ恵比寿や目黒など名だたる東京の街が並ぶ中、浦和が8位を獲得。交通アクセスの良さと整った子育て・教育環境が改めて評価されている注目のエリアと言えます。

※掲載の写真は、2021年8月現在のものです。