構造

快適な暮らしと大切な財産をいつまでも守り続けていくためには、
災害や経年に負けない頑強な構造を実現することはもちろん、あらゆる視点から住まいとしての質を高めていくことが大切。
「レーベン本厚木THE MASTERS TOWER」では、緻密な理論と確かな技術を結集し、いつまでも愛され続ける住まいづくりを進めてまいります。

耐震を考えた構造安定に関する基礎知識

住宅は、地震、暴風、積雪などさまざまな力の影響を受けます。これらの力の影響が大きくなると次第に損傷を受けたり、時には壊れたりして財産としての価値を失ったり、居住者の生命が脅かされてしまうことがあります。タカラレーベンでは柱や梁、主要な壁、基礎などの構造躯体の強さ、またこれらを併せて、構造躯体の強さを十分に発揮するための前提となる基礎や地盤に関する情報も重要視し、マンション事業に取り組んでいます。

■杭基礎/既成杭

耐震

構造躯体の倒壊防止 極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施行令第88条第3項に定めるもの)に対して、倒壊・崩壊等しない程度の建物を指します。

※倒壊、崩壊等しない程度とは人命が損なわれるような壊れ方をしない程度。
※数百年に一度程度発生する地震とは震度6強〜震度7程度。

構造躯体の損傷防止 稀に(数十年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施行令第88条第2項に定めるもの)に対して、損傷を生じない程度の建物を指します。

※構造躯体が損傷しない程度とは、大規模な工事を伴なう修復が必要となる著しい損傷が生じない程度。
※数十年に一度程度発生する地震とは、震度5強と想定。

支持力

地盤の許容支持力 地盤の許容支持力とは地盤が支えることができる耐力のことです。
杭の許容支持力
最小約5,500kN/本〜
最大約5,800kN/本
杭の許容支持力とは1本の杭が支えることができる耐力のこと。「レーベン本厚木THE MASTERS TOWER」の杭は、約5,500kN/本〜約5,800kN/本まで支えることができます。
「レーベン本厚木THE MASTERS TOWER」は、「既成杭」61本で支持しています。

基礎の構造形式

基礎方式:杭基礎
杭種:既成杭
工法:プレボーリング工法

軸部直径:800mm
杭総本数:61本

杭基礎

地中深くに支持層がある場合に、強固な杭で建物を支える工法。

aaa

コンクリート強度(設計基準強度)

本設計では、一般的なコンクリートよりも強度を強め、設計基準強度Fc=33〜42N/mm²(杭は36N/mm²)としました。これは1㎡当たり約3,300〜4,200トンもの重量を支えられることを示しています。

aaa

aaa

※杭・付属施設・捨てコンクリート・土間コンクリート・外構擁壁等を除く
※「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事2015(日本建築学会編)」の考え方を引用
※構造体の大規模補修不要予定期間:大規模補修を必要とすることなく、鉄筋腐食やコンクリートの重大な劣化が生じないことが予想できる期間
※供用限界期間:継続使用のために、構造体の大規模補修が必要となることが予想される期間
※コンクリートの構造設計の際に基準とするコンクリートの圧縮強度、材齢は28日を標準としています。

コンクリートかぶり厚

劣化しにくい構造躯体を実現するには鉄筋コンクリートの中性化対策が施され強度の高いコンクリートが使用されているかにあります。中性化を防ぐひとつの策は鉄筋を包むコンクリートの厚さの確保。すなわち鉄筋の表面を覆っているコンクリートの厚み(かぶり)を適切な厚さで確保することが効果的であるとされています。そこで、「レーベン本厚木THE MASTERS TOWER」では、コンクリートのかぶり厚を土に接しない部分は約30mm〜約50mm、土に接する部分は約50mm〜約70mm確保し、耐久性を保っています。

Image illustImage illust

コンクリートチェック

工場から建築現場に届いたコンクリートは、受入検査で入念にチェックされます。チェック項目はコンクリートの硬さ、空気量、塩分含有量、温度など、300m³ごとの検査をクリアしたコンクリートがポンプ車により送られ、型枠に流し込まれます。※捨てコンクリート等を除く

Image photo

Image photo

ダブル配筋(耐震壁)

壁の中でも耐震壁と呼ばれる戸境壁(住戸と住戸を隔てる壁)等は、地震時などに建物にかかる水平力のほとんどを負担する重要な部材となります。そのため、耐力に余裕を持たせ、より粘り強くなるように、鉄筋を一列に配置するシングル配筋にかわり、粘り強さを発揮するダブル配筋を採用しています。

Image illustImage illust

工事段階での現場管理

タカラレーベンでは工事段階でも厳しいチェックを行っています。まずは定期的に担当者にて現場で工程内チェックを行い、品質管理を随時行っています。

Image photo

Image photo

断熱性の高い複層ガラス

各住戸の開口部のサッシには、2枚のガラスの間に空気層を設けた複層ガラスを採用。1枚ガラスに比べ、断熱性が高まります。

Image illustImage illust

生活音に配慮した二重床・二重天井

床には床面と床スラブとの間に緩衝空間を設けた二重構造を採用。空気層を挟んでクッションゴム付きの支持脚で床材を支える構造に加えて、床スラブのコンクリート厚は約210〜230mmを確保。置床の床衝撃音はLL45等級(メーカー表示)を採用しました。

※LL-45等級は床材単体の性能であって、実際の建物ではこの性能が得られない場合があります。上下遮音性能の評価基準(日本建築学会「建築物の遮音性能と設計指針」に基づき作成)

Image illustImage illust

圧縮強度試験

硬化したコンクリートが、外力に対してどのような強さを持つかを見る目安が強度です。「レーベン本厚木THE MASTERS TOWER」では、JIS認定工業にてコンクリート技士による管理のもと配合されたコンクリートの一部を、現場でサンプルとして採取し、圧縮強度試験を行っています。一定の期間が経過した後、固まったコンクリートに実際に圧力を加え、設定した以上の強度があることを確認しています。※捨てコンクリート等を除く

Image illustImage illust

受水槽圧力給水方式

水道水を受水槽に一旦貯留し給水圧力ポンプで各住戸に送水する方式となります。

■水質管理が容易に行える受水槽
受水槽の水をポンプで圧力を加えて給水する加圧給水方式を採用しています。受水タンクが屋上ではなく建物敷地内に設置してあるので、清掃や水質管理が容易に行え、供給水量も安定するというメリットがあります。

Image illustImage illust

玄関ドアには対震枠を採用

玄関には、枠とドアのクリアランスを通常より広く取った対震ドアを採用しました。これにより、地震で枠が変形しても、ドア本体への変形を防ぎ地震時でもドアを開閉できるよう配慮しています。

●対震枠
上下の枠は傾斜形状になっており、ドアと枠のクリアランスが大きいため、固く閉ざされることはありません。

●対震ストライク
地震時、ラッチおよびデッドボルトはあらゆる方向に動き、側圧がかかった状態で止まります。対震ストライクは、外圧がかかるとステンレスカバーがつぶれて、ラッチおよびデッドボルトへの側圧をやわらげますので、通常の力で解錠できます。

Image illustImage illust

建物の防水・断熱性能

外気に接する最上階の屋根部分にさまざまな工夫がなされています。一つ目はコンクリート躯体で勾配をとり、室内への雨漏りの原因となる水たまりができないように考慮し、アスファルトによる防水処理を行っています。二つ目は外断熱(一部内断熱)処理。これはコンクリートの外で断熱し、外気の寒暖を遮断することで冷暖房効果を高め、結露やひび割れの発生を軽減する効果があります。

Image illustImage illust

ALC ロッキング工法

耐火性、断熱性、耐久性、遮音性が高い特徴を持つ軽量コンクリート版ALCを壁などに用いました。このパネルをロッキング(回転)機能を持たせたロッキング工法で固定することにより、地震時なども壁に力が伝わらずヒビ割れや脱落も防ぎます。

Image illustImage illust

シックハウス対策

シックハウスの原因とされる、ホルムアルデヒドの発生が極めて少ないF★★★★等級の壁紙・建材を使用。安心して暮らせる真の快適性を追求しています。

Image illustImage illust

ホルムアルデヒド対策

■ 対象となる内装材
クロス材や接着剤にはホルムアルデヒドの揮発を極小に抑える最高レベル建材「F☆☆☆☆(フォースター)」を採用しました。

■住宅性能表示制度における基準

特定木質建材(パーティクルボード、木質繊維板、合板、複合フローリング、集成材又は単板積層材)

aaa

■ 日本工業規格の等級
内装材・下地材には日本工業規格JISの最高規格である「F☆☆☆☆」低ホルムのパーティクルボード・木質繊維板を使用しています。

aaa

■ 日本農林規格の等級
内装材・下地材には日本農林規格JASの最高規格である「F☆☆☆☆」低ホルムの合板を使用しています。

aaa

※上記放散量は、JIS,JAS 規格による内装材の数値で、実際の室内値として保証するものではありません。

対策1

内装仕上げの制限

内装仕上げに使用する建材に含まれているホルムアルデヒドの発散する量に応じて、使用可能な面積を制限します。

フローリングには、ホルムアルデヒド放散等級がF★★★★のものを使用。

下地に使われている合板、繊維板などの木質系建材はF★★★★のものを使用。

壁・天井の壁紙(ビニールクロス)は、F★★★★のものを使用、及び壁紙の接着剤は、ノンホルマリン接着剤を使用。

キッチンユニット・洗面化粧台・木質建具などもF★★★★のものを使用。

対策2

天井裏にもF★★★★の建材を使用

天井裏に、ホルムアルデヒド放散等級が最高等級のF★★★★のものを使用。

対策3

フルタイム稼働で新鮮な空気を取り入れる常時低風量換気システム

24時間低風量換気システムを採用。常時、低風量でお部屋内の空気を入れ替えることができます。

ホルムアルデヒド対策

平成15年7月より、シックハウス対策のため、建築基準法が改正されました。この改正は、シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるために、建築物に使用する建材や換気設備を規制するものです。

シックハウスってなに?

一般的にシックハウスとは、住宅の新築またはリフォーム時に使用する建材などから放出する揮発性化学物質(ホルムアルデヒド、トルエンなど)が、人体に触れたり吸引されることにより、頭痛や目・鼻・喉の痛み、吐き気などの健康障害を引き起こすことを言います。

ホルムアルデヒドってなに?

ホルムアルデヒドは、接着剤に含まれる化学物質で、常温では無色の気体です。これを水に溶かしたものがホルマリンで、小・中学校の理科の実験室で、生物標本の保存液として使われているように防腐剤として利用されています。これを含んだ接着剤は、防腐性能があり、コスト的にもリーズナブルなことから普及し、住宅でも使われていました。しかし、このホルムアルデヒドが空気中に揮発したものを大量に吸引したりすると、皮膚や粘膜を刺激するといわれ、問題になっています。

国土交通大臣から指定された、登録住宅性能評価機関による住宅性能評価書を取得予定

「地震などに対する強さ」「火災に対する安全性」「省エネルギー対策」など9分野の性能項目について、設計段階(設計住宅性能評価書)と建設工事・完成段階(建設住宅性能評価書)の2段階で、第三者機関によるチェックをしております。

■住まいの安心を第三者評価機関が評価 [住宅性能評価]

aaa

構造の安定

劣化の軽減

維持管理・更新への配慮

温熱環境・エネルギー消費量

地震や風、屋根への積雪などに対し、建物がどの程度強いかを評価。 新築時の強さをできるだけ長く保つための、耐久性への対策を評価。 給排水管やガス管、給湯管のメンテナンスのしやすさ(点検・清掃・修理など)を評価。 断熱性を向上するための部材や施工方法などにより、どの程度省エネルギーに貢献するかを評価。
●耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
●その他(地震に対する構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止)
●地盤又は杭の許容支持力等及びその設定方法
●基礎の構造方法及び形式等
●劣化対策等級(構造躯体等) ●維持管理対策等級(専用配管)
●維持管理対策等級(共用配管)
●更新対策(共用排水管)
●断熱等性能等級
●一次エネルギー消費量等級
構造の安定 地震や風、屋根への積雪などに対し、建物がどの程度強いかを評価。 ●耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)
●その他(地震に対する構造躯体の倒壊等防止及び損傷防止)
●地盤又は杭の許容支持力等及びその設定方法
●基礎の構造方法及び形式等
劣化の軽減 新築時の強さをできるだけ長く保つための、耐久性への対策を評価。 ●劣化対策等級(構造躯体等)
維持管理・更新への配慮 給排水管やガス管、給湯管のメンテナンスのしやすさ(点検・清掃・修理など)を評価。 ●維持管理対策等級(専用配管)
●維持管理対策等級(共用配管)
●更新対策(共用排水管)
温熱環境・エネルギー消費量 断熱性を向上するための部材や施工方法などにより、どの程度省エネルギーに貢献するかを評価。 ●断熱等性能等級
●一次エネルギー消費量等級

暮らしがいつまでも快適であり続けるために「長期修繕計画」

新築のような快適な状態を維持させ、建物の寿命を長く保持するための備えが「長期修繕計画」です。具体的には、屋上防水や鉄部塗装、外壁の改修、給排水設備のメンテナンスなどが:中心となりますが、この他にもたくさんの項目が修繕の対象となります。従ってそれぞれの項目について修繕時期を細かく設定し、修繕を行っていくことが大切です。また、修繕に必要な資金も計画に合わせて計算し、随時見直しを行いながら、修繕積立金として積み立てていくことになります。グループ会社である(株)レーベンコミュニティ(管理会社)では、永年にわたるマンション管理で培った建物の保守・修繕のノウハウを活かした長期修繕計画を提案しています。

aaa

※上記表は、長期修繕計画の一般的な目安を表しています。詳しくは係員までお尋ねください。

(株)レーベンコミュニティ

安心で快適な暮らしを叶えるために行き届いたマンション管理が必要です。皆様の良質なコミュニティ形成に協力することは、私たちマンション管理会社に課せられた重要な仕事と考えています。(株)レーベンコミュニティでは、安全・安心・資産維持に向けた適切な建物点検の実績はもちろん、日常からの管理活動をしっかりとサポートし、皆様に充実したサービスを提供します。

aaa