design

entrance

上質な日々へのプロローグ。

「川西市役所」、「川西能勢口」駅前へと続くメインストリート沿いに配されたエントランス。
セットバックしてレイアウトされた花壇、
斜めのデザインウォールなど、
通りからの斜めのアプローチと連続し、
そして調和するように配慮された
一体感のある意匠が人々を迎えます。
そして、アプローチの向こうに待つのはモダンな中にも
大理石調の壁面などのマテリアルが落ち着いた印象を醸すエントランス。
広がるガラスドアの向こうに垣間見える空間がこの邸の贅沢な日々を予感させます。

A prologue to quality days.

The entrance is placed along the main street that continues on to the Kawanishi City Hall and the front of Kawanishi-Noseguchi Station.
The unified and harmonious design welcomes people,
continuous along the sloped approach from the street with its setback flowerbeds and diagonal design wall.
Beyond the approach is the entrance, which stirs up a relaxed impression from the materials, including the modern, marble-like walls.
Offering glimpses, the space beyond the expansive glass doors allows you to envision luxurious days at this residence.

Design Point

Design Point-01

豊かな奥行きを演出するファサード

コーナー部のエッジ、外壁タイル、バルコニーに配されたガラス手摺の色調、豊かな植栽など、美観にこだわり、洗練された街の顔になる意匠を描きました。

Design Point-02

大理石調のマテリアルのエントランス

セットバックしてレイアウトされた花壇、斜めのデザインウォール。“顔”として美しくデザインし、エントランスとして仕立てました。

Design Point-03

Image Photo

全56邸南向き・角住戸率50%

建物は南向き配置。また、2方向が道路に面した敷地で角住戸率50%を確保しました。

※全56邸中28邸が角住戸。

Design Point-04

ラグジュアリーな空間を演出する
エントランスホール

正面にはデザインウォールと乱格子を透かして放たれる柔らかな光、折上天井の間接照明がラグジュアリーなエントランスホールを演出します。

flower01

ARCHITECT

キセラ川西の顔になる
シンボリックな佇まい。

ショッピングモールの賑わい、
真新しい住環境と山並みに感じる緑。
ゆとりあるシーンを背景に
本プロジェクトは誕生します。
キセラ川西の中心部、幅員約15mの道路が交差する角地というシンボリックなロケーションにふさわしいデザインとクオリティを追求。
平置駐車場や建物内駐輪場、豊かな植栽など、
美観にこだわり街と調和しながら、
洗練された存在感を放つ佇まいを描きました。
周辺に集うショッピングモールや公共施設とともに、キセラ川西という街の顔になる意匠です。

FACADE

緑に映えるシャープな存在感。

それは、洗練の意匠を纏った
地上15階建てのレジデンス。
強調された水平のラインを重ねながら、
現地の大きな空へと高く伸びていく
立体的なフォルム。
エントランスの上層部にあたるコーナー部のエッジを効かせたデザインもその姿に躍動感を与えます。
また、外壁タイルはもちろん、バルコニーに配された
ガラス手摺の色調にもこだわることで、ファサードの表情に豊かな奥行きを演出しています。
シャープな佇まいと、自然豊かなロケーションが
美しいコントラストを奏でます。

flower01
flower02
flower03
レーベン川西TIEAK RESIDENCE公式アプリレーベン川西TIEAK RESIDENCE公式アプリ