デザイン

Design

03 Design

タカラレーベンから新世代へ。
「NEBEL」ブランド、登場。

都市でもっと自分らしく暮らしたい。
今の自分にフィットしながら、未来の、
なりたい自分への架け橋となるようなレジデンスを。
タカラレーベンが贈る「NEBEL」ブランドは、
そんな想いに応える新世代コンパクトマンションです。

外観完成予想図

ここに住まうことの心地よさと誇らしさを、
外観デザインへと昇華した優美なフォルム。

心を豊かにしてくれるオブジェなのかもしれない。いつまでも眺めていたいアート作品なのかもしれない。向かい合い、仰ぎ見るほどに惹き込まれてしまうそのフォルム。上本町界隈の都市風景とスタイリッシュに響き合いながら、コンパクトマンションならではの私邸感覚を外観デザインへと取り入れて昇華し、ここに住まう心地よさと誇らしさを醸成するような佇まいを目指しています。


建物に豊かな表情を演出する、
多彩なマテリアルを採用。

建物を構成するマテリアルのひとつ一つの風合いを始め、プロポーションや細部の造形に対する卓越した感覚、素材への行き届いた審美眼などが、質の高い建築美を実現。吟味して選んだ様々な素材が演出するその豊かな表情は、歴史と先進が交差する上本町にふさわしい、新たなイメージを生み出します。

Architect
熊田 慎吾 合同会社mercumal/一級建築士

時代によって移ろう街に「kai(美しい)」「edios(形)」を創造するKALEIDO[上汐の美しい形]-the architectual exposision-[(この場所で創る)建築の博覧会]

■経歴

・叶山願成寺本堂改修計画(2013年竣工)
寺院本堂、木造伝統工法、地上1階

・新宿三丁目プロジェクト(2014年竣工)
貸店舗及び住宅、RC造+鉄骨造、地下1階・地上5階

・フィアット/アルファロメオ東名川崎、(2014年竣工)
自動車販売店舗、鉄骨造、地上1階

・渋谷三丁目プロジェクト(2017年竣工)
事務所、RC造、地下2階・地上6階

エントランスアプローチ完成予想図

ENTRANCE APPROACH

千日前通や周囲の街並みと響き合いながら、
個性を演出するエントランスアプローチ。

出会いの瞬間はあくまでもドラマチックに。
洗練されたデザインを施したエントランスアプローチは、建物に面した千日前通や
周囲の街並みと調和しながら、道行く人に新たな建物としての存在感や個性を語りかけます。

エントランスホール完成予想図

ENTRANCE HALL

共用部にもクオリティを反映。

上質なエントランスホールのもてなしに身を委ねて。
住まう方はもちろん、訪れる方もホテルのロビーのような寛ぎで包み込みます。
単に人が行き交い、通り過ぎるスペースとしてだけでなく、何気なくここを歩くひととき
にも優雅な気分をもたらしてくれる場所を目指しました。

  • 1階敷地配置図
  • 細部の造形にもこだわった、
    優雅な歓待スペース。

    エントランスホールは住まう方はもちろん、ゲストの方を迎え入れる象徴的なスペース。様々なマテリアルや意匠を組み合わせることで、優雅な気品と洗練された重厚感を纏わせながら、照明計画にもこだわりを尽くして安らぎに満ちた迎賓の風景を創造しました。

    気品を感じる内廊下設計の
    住戸フロア。

    お部屋のあるフロアにはホテルライクな内廊下を採用。
    また住戸レイアウトはプライバシー、独立性に優れた角住戸の割合が多くなるように設計しました。

※掲載の完成予想図は、図面を基に描き起こしたもので、建物の形状、仕様、色調、外構、植栽等は行政官庁の指導、施工上の都合及び改良のため、一部変更が生じる場合があります。
植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。また、季節ごとに咲く花々を同時に描いております。あらじめご了承ください。