QUALITY

image photo

STRUCTURE

日々の安心感を生む、
永住を見据えた
堅牢な構造。

耐震を考えた構造安定に関する
基礎知識

構造躯体/住居棟

耐 震

構造躯体の倒壊防止

極めて稀に(数百年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施行令第88条第3項に定めるもの)に対して、倒壊・崩壊等しない程度の建物を指します。

※倒壊、崩壊等しない程度とは人命が損なわれるような壊れ方をしない程度。
※数百年に一度程度発生する地震とは震度6強〜震度7程度。

構造躯体の損傷防止

稀に(数十年に一度程度)発生する地震による力(建築基準法施行令第88条第2項に定めるもの)に対して、損傷を生じない程度の建物を指します。

※構造躯体が損傷しない程度とは、大規模な工事を伴なう修復が必要となる著しい損傷が生じない程度。
※数十年に一度程度発生する地震とは、震度5強と想定。

支持力

地盤の許容支持力

地盤の許容支持力とは地盤が構造躯体を支えることができる耐力のことです。

基礎の構造形式

基礎方式:直接基礎

直接基礎 一般的に硬い地盤の
支持層が浅い場合に
採用される形式

Image illust

耐震を考えた構造安定に関する基礎知識

住宅は、地震、暴風、積雪などさまざまな力の影響を受けます。これらの力の影響が大きくなると次第に損傷を受けたり、時には壊れたりして財産としての価値を失ったり、居住者の生命が脅かされてしまうことがあります。タカラレーベンでは柱や梁、主要な壁、基礎などの構造躯体の強さ、またこれらを併せて、構造躯体の強さを十分に発揮するための前提となる基礎や地盤に関する情報も重要視し、マンション事業に取り組んでいます。

Image illust
地盤調査

地盤調査とは、構造物などを建てる際に必要な地盤の性質の把握などを目的として、地盤を調査することです。この調査により、地盤強度などが判明し、設計を行い構造物が施工できるようになります。

Image illust
ラーメン構造

柱と梁の接点が変形しにくく、接合する部分がしっかり固定された「剛」接合になっている構造です。住戸内に壁のない自由な空間を作ることができます。

Image illust
鉄筋コンクリート構造(RC構造)

鉄筋コンクリート構造とは、鉄筋とコンクリートを用いた建築の工法です。英語のReinforced-Concrete(補強されたコンクリート)の頭文字からRC構造またはRC造といわれています。コンクリートの圧縮に強い性質と鉄筋の引張りに強い性質を組み合わせた構造です。

Image illust
鉄筋

鉄筋コンクリートに用いる鉄筋に、日本工業規格(JIS)に合格した鉄筋を使用しています。大きな力のかかる柱や大梁の主筋には、D19以上の物を使用しています。

※D19とは鉄筋の太さを表します。

Image illust
コンクリート

セメントに、水、砂利、砂を加えて混ぜ合わせることにより、化学反応(水和反応)を起こし、固体化させたもので圧縮に対する強度が非常に大きく、主に建築物の荷重を支える構造部材として多用されています。

Image illust
耐震構造

柱や梁で架構を構成し、一部に耐震壁を設けることで、柱・梁・壁の強度と粘り強さを組み合わせ、地震に耐えるように工夫した耐震構造を採用しています。

Image illust
コンクリート強度
(設計基準強度)

本設計では、設計基準強度Fc=30N/㎟以上としました。これは1㎡当たり約3,000トンもの重量を支えられることを示しています。※杭・付属施設・捨てコンクリート・土間コンクリート・外構擁壁等を除く※「建築工事標準仕様書・同解説JASS5鉄筋コンクリート工事2015(日本建築学会編)」の考え方を引用

※コンクリートの構造設計の際に基準とするコンクリートの圧縮強度、材齢は28日を標準としています。

Image illust
コンクリート水セメント比
(コンクリートの強度を表す指標のひとつ)

水セメント比はコンクリートを作る時の主要な材料である水とセメントの割合です。水の量が少ないほど強度が高くなり耐久性はアップします。「レーベン宇都宮元今泉GRANXE」では、水セメント比を基礎を含む上部躯体部分は50%以下(水量をW、セメント量をCとすると「W/C」の百分率で示されます。)としました。

※一部除く※付属建物・外構部・杭・捨てコンクリート・土間コンクリートを除く

Image illust
コンクリートかぶり厚

劣化しにくい構造躯体を実現するには鉄筋コンクリートの中性化対策が施され強度の高いコンクリートが使用されているかにあります。中性化を防ぐひとつの策は鉄筋を覆っているコンクリートの厚さ(かぶり)を適切な厚さで確保することが効果的であるとされています。そこで、「レーベン宇都宮元今泉GRANXE」では、コンクリートのかぶり厚を土に接しない部分は30㎜〜50㎜、土に接する部分は50㎜〜70㎜確保し、耐久性を保っています。

中性化とは…コンクリートは空気中の炭酸ガスと結びついて、アルカリ性から中性に変化します。この現象を中性化といい、表面から長い年月をかけて徐々に広がっていきます。中性化が進むと、鉄筋を酸化させ、建物の耐久性を損なう恐れが高まります。

Image illust
配筋検査

鉄筋コンクリート造の設計で、地震力等の外力によって構造計算した結果、鉄筋を配置することを「配筋」といい、柱・梁・壁・スラブ・基礎それぞれの配筋と、寸法・数量・種別などを示した図面を「構造図」といいます。コンクリートを打ち込む前に、この構造図に基づいて正しく配筋されているかを建設施工の工程の一環として工事監理者によって確認しています。又、審査機関(特定工程)の検査を受けます。この配筋検査は強度や耐久性にかかわる重要な検査です。

Image illust
ダブル配筋(耐震壁)

壁の中でも耐震壁と呼ばれる戸境壁(住戸と住戸を隔てる壁)等は、地震時などに建物にかかる水平力のほとんどを負担する重要な部材となります。そのため、耐力を十分確保できるように、鉄筋を一列に配置するシングル配筋にかわり、ダブル配筋を採用しています。

Image illust
コンクリートスランプ試験

スランプとは凝固前の生コンクリートの流動性(やわらかさ)を示す値です。スランプの値が大きくなるほど流動性の高い生コンクリートだといえます。「レーベン宇都宮元今泉GRANXE」では、コンクリートスランプ試験を行い、流動性が適切であるかチェックをしています。

※捨てコンクリート等を除く

Image illust
屋上の防水と外断熱

最上階の屋上部分は、太陽熱や雨水の影響を最も受ける場所です。そこで屋上スラブの上部には断熱材を敷き詰めた外断熱を採用(一部内断熱)しシート防水を施しています。外気と日射、雨水の影響からしっかりと建物を保護し、断熱効果を高め雨漏り等も防止しています。

Image illust
圧縮強度試験

硬化したコンクリートが、外力に対してどのような強さを持つかを見る目安が強度です。「レーベン宇都宮元今泉GRANXE」では、JIS認定工場にてコンクリート技士による管理のもと配合されたコンクリートの一部を、現場でサンプルとして採取し、圧縮強度試験を行っています。一定の期間が経過した後、固まったコンクリートに実際に圧力を加え、設定した以上の強度があることを確認しています。

※捨てコンクリート等を除く

Image illust
溶接閉鎖型フープ筋

柱のフープ筋の継ぎ目は1本ずつ工場で溶接加工された閉鎖型になっているフープ筋を使用しています。柱の主筋を拘束する能力が高く大地震における粘り強さに優れています。

※一部除く

Image illust
床・二重天井

床スラブのコンクリート厚は約200㎜以上を確保しています(一部除く)。床材は「ΔLL(Ⅰ)-4」(メーカー表示)の床衝撃音低減性能を備え、天井も二重構造にするなど下階への生活音の伝わりを軽減しています。※ΔLL(Ⅰ)-4は床材単体の性能であって、実際の建物ではこの性能が得られない場合があります。上下遮音性能の評価基準「日本騒音制御工学会 研究部会 床衝撃音分科会」に基づき作成

※1階住戸の床スラブのコンクリート厚は異なります。

Image illust
遮音対策

音の伝導が気になるパイプスペースの配管部分にカンペイシートを巻き、音の伝わりを軽減しました。

Image illust
戸境壁(界壁・耐震壁)

集合住宅の住戸と住戸の間を区切っている壁を戸境壁といいます。耐火性能、遮音性能の基準が法令により定められていて、特に防火、遮音性能が強く要求されます。各住戸の戸境壁のコンクリート厚を約220mm確保しています。隣戸の生活音の伝わりを軽減し、プライバシーや遮音性に配慮しています。

Image illust
アウトフレーム

柱や梁などのフレームを室外に出す設計のことです。従来、室内側に柱型や梁型が出っ張るため、家具の配置に制約が出たり、無駄な空間が生じたりしました。アウトフレーム設計では室内側がすっきり、デッドスペースなどが発生しないので空間を有効に使えます。

※一部除く

Image illust
アンボンド工法[スラブ(床)]

PC鋼線を緊張させることにより吊り上げ力を高め、住戸内に出る小梁を無くし、すっきりとした住居空間を実現しました。

※一部除く

Image illust
外壁(室内側)

外壁の室内側は外壁コンクリート(ALC)に対し、断熱材を施し、室内環境を保つため下地材と空気層を設け、プラスターボードにビニールクロスを施しています。

Image illust
外壁(構造体・仕上)

●吹付けタイル
コンクリートの仕上げに、樹脂系等の素材を吹き付ける方法です。
●タイル
粘土を主原料とし焼成した素材です。水分を吸収しにくいので、耐候性、耐久性、耐火性に富んでいます。汚れがつきにくく、メンテナンスが容易なのが魅力となります。 「レーベン宇都宮元今泉GRANXE」では、両方を適材適所に併用しています。妻側の外壁のコンクリート厚(RC)は、約200mm以上、他外壁は約150mmを確保しました。

Image illust
構造スリット

壁付の柱は地震時に力が集中し、損傷しやすくなります。適切に構造スリットを設けることで力の集中を回避し、建物の倒壊・崩壊を抑えることが可能です。「レーベン宇都宮元今泉GRANXE」では、腰壁や袖壁などに構造スリットを設けて建物を守っています。

※一部除く

Image illust
ALC ロッキング工法

耐火性、断熱性、耐久性、遮音性が高い特徴を持つ軽量コンクリート版ALCを壁などに用いました。このパネルをロッキング(回転)機能を持たせたロッキング工法で固定することにより、地震時なども壁に力が伝わらずヒビ割れや脱落も防ぎます。

Image photo
タイル、吹付タイルでコンクリートをガード

マンションの美観を演出する、外壁タイル及び吹付タイルにはもう一つ大切な役割があります。45二丁掛タイルや吹付けタイルなどの施工により、コンクリートをガードします。美しさばかりでなく耐久性もしっかりと高めます。

※外壁吹付タイル色・外壁タイル色・形状は物件によっては異なります。詳しくは、係員にお尋ねください。

Image photo
ひび割れ防止対策

コンクリートは、乾燥の際に、ひび割れを生じる場合がありますので外壁の要所に誘発目地を設け、その他の場所でひび割れを生じにくくしています。

※一部除く※外壁タイル色は異なります。詳しくは、係員にお尋ねください。

概念図
タイルの引張り試験

貼り終わったタイルは接着力試験器を用いて引張り試験を実施しています。

Image illust
断熱性の高い複層ガラス

各住戸の開口部のサッシには、2枚のガラスの間に乾燥空気層を設けた複層ガラスを採用しています。1枚ガラスに比べ、断熱性が高まります。

Image illust
二重サッシ

二重サッシにすることで結露の発生を抑え、遮音性も向上します。また、気密性も高まり、冷暖房効率も上がります。(一部除く)

Image illust
連結送水管

建物外の送水口と3階以上の階に設けられた放水口を配管で結んだ消防用の設備です。

※11F以上は高層階用連送になります。

Image illust
住戸内にパイプスペース点検口

トイレやキッチン、浴室などから出る汚水・雑排水は、パイプスペース内を縦に通っている共用排水管を通り排水されます。この共用排水管の点検が行なえるように、住戸内には点検口を設けています。

Image illust
受水槽圧力給水方式

水道水を受水槽に一旦貯留し圧力給水ポンプで各住戸に送水する方式となります。

■水質管理が容易に行える受水槽
受水槽の水をポンプで圧力を加えて給水する加圧給水方式を採用しています。受水タンクが屋上ではなく建物敷地内に設置してあるので、清掃や水質管理が容易に行え、供給水量も安定するというメリットがあります。

Image illust
地震時のエレベーター管制運転

地震の多いわが国ではマンションにもさまざまな対策が施されています。P波・S波センサー採用のエレベーター設置もその一つです。P波とは地震時に起こる初期微動のことで、S波とは本震のことです。そして、このエレベーターなら地震の初期微動を素早く感知し、大きな揺れ(本震)が来る前に最寄り階へ移動。扉が開き外に出られるシステムになっています。

※震源が近い場合はその限りでない場合がございます。

Image illust
バルコニー避難ハッチ

万一、火災が発生した場合に廊下側だけでなく、バルコニーからも地上などへ速やかに避難できるように、バルコニーに避難ハッチを設けました。避難ハッチのない住戸の居住者は、バルコニー間の隔板を破り、他の住戸に設置した避難ハッチを利用することができます。

Image illust
建物の防水・断熱性能

外気に接する最上階の屋根部分にさまざまな工夫がなされています。一つ目はコンクリート躯体で勾配をとり、室内への雨漏りの原因となる水たまりができないように考慮し、防水処理を行っています。二つ目は外断熱(一部内断熱)処理。これはコンクリートの外で断熱し、外気の寒暖を遮断することで冷暖房効果を高め、結露やひび割れの発生を軽減する効果があります。

Image illust
玄関ドアには対震枠を採用

玄関には、枠とドアのクリアランスを通常より広く取った対震ドアを採用しました。これにより、地震で枠が変形しても、ドア本体への変形を防ぎ地震時でもドアを開閉できるよう配慮しています。

●対震ストライク
地震時、ラッチおよびデッドボルトはあらゆる方向に動き、側圧がかかった状態で止まります。対震ストライクは、外圧がかかるとステンレスカバーがつぶれて、ラッチおよびデッドボルトへの側圧をやわらげますので、通常の力で解錠できます。

●対震枠
上下の枠は傾斜形状になっており、ドアと枠のクリアランスが大きいため、固く閉ざされることはありません。

Safety

万一の際も不安の少ない、
安全性の高い場所。

「レーベン宇都宮元今泉GRANXE」が誕生する場所は、台風や地震などの万一の有事の際も浸水等の被害を受ける可能性が少ない安心なエリア。また、避難所や一時避難所も徒歩圏内にあるため、孤独感などの不安も軽減。

※掲載の地図は、姿川・田川・鬼怒川の洪水浸水想定区域図をそれぞれ示したものです。●姿川の想定される最大規模の降雨(思川合流点上流の24時間総雨量634㎜)…栃木県が2017年12月8日に指定・公表●田川の想定される最大規模の降雨(田川流域の6時間総雨量365㎜)…栃木県が2017年12月8日に指定・公表●鬼怒川の想定される最大規模の降雨(鬼怒川流域72時間総雨量669㎜)…国土交通省が2016年8月2日に指定・公表※示した区域は、想定される最大規模の降雨に伴う「想定される浸水の区域と深さ」、「想定される浸水の継続時間」と、家屋倒壊・流出等が想定される「氾濫流の区域」、「河岸の侵食幅」です。※各区域の境界は厳密ではなく、あくまでも目安であるため、区域外においても浸水や家屋倒壊等が発生する場合や、区域内の想定が異なる場合があります。

宇都宮市 姿川・田川洪水ハザードマップ(2019年1月 宇都宮市河川課)

たしかな地盤だからこそ実現した直接基礎

一般的に硬い地盤の支持層が浅い場合に採用される形式で、「レーベン宇都宮元今泉GRANXE」が誕生するエリア一帯は地盤がしっかりしていることから、直接基礎を採用しました。

Image illust
  • トップ
  • グッドデザイン
  • クオリティ
  • 物件検索
  • クラブレーベン